ウェブデザイン技能検定2級学科過去問の解説その1

ウェブデザイン技能検定のホームページで過去問がダウンロードできる。

解答までは公開されているが、解説まではついていないため、解説していく。

 

平成 29 年度 第 3 回 (11 月 12 日実施) ウェブデザイン技能検定 2 級 学科試験

第 1 問

body 要素は、カテゴリーとしてセクショニングルート(sectioning root)に属する。

解答 1

解説 セクショニングルートに属する要素には他にも

<blockquote>
<details>
<fieldset>
<figure>
<td>

などがある。

 

第 2 問

SVG 要素とその属性は、XML と同じく大文字小文字を区別しない。

解答 2

解説 XMLでは、アルファベットの大文字と英小文字を区別する。

タグを入力する際には、大文字・小文字を間違えないように入力しなければならない。

また、タグは日本語を使っても構わない。

 

第 3 問

HTML ドキュメント内で PHP コードを扱う場合、「<!– 」と「 –>」の 2 つのタグで囲む必要がある。

解答 2

解説 PHPを記述する場合、「<?php」で始まり「?>」で終わるというルールがある。

 

第 4 問

.htaccess で行える設定はすべて httpd.conf で行うことができる。

解答 1

解説 Apacheではhttpd.confという設定ファイルでApacheの設定を行うが、

Webサーバの要となる設定ファイルであるため、

Webサーバの管理者でないと設定を変更することができない。

.htaccessはhttpd.confで.htaccessの利用を許可している場合、

Webサーバ管理者のみならずウェブサイトの管理者レベルで

Apacheの一部設定を行えるようにしたものである。

.htaccessで行える設定は全てhttpd.confで行うことができ、

パフォーマンスやセキュリティの観点からそれが推奨されているが、

実際はサーバー管理者も.htaccessを使うケースが多い。

.htaccessを特定のディレクトリに設置すると、

.htaccess内に記述された内容が設置されたディレクトリとその下層のディレクトリに対して適用される。

また、下層ディレクトリの設定が上層ディレクトリと設定が矛盾した場合は下層ディレクトリ側の設定が優先される。

ファイル名の先頭にあるドットはUnix系のオペレーティングシステムにおいて「隠しファイル」を意味しており、

「ファイルタイトルが存在しない.htaccessという拡張子だけのファイル」という意味ではない。

 

第 5 問

オンプレミスとはクラウドサービスのことを指す。

解答 2

解説 オンプレミスとは、企業などが情報システムの設備(ハードウェア)を自社で保有し、自社の設備において運用することである。クラウドの概念が登場して普及する以前は、情報システムは自社内で運用する(オンプレミスの)方式が標準的だった。その頃は特にオンプレミスとは呼ばれていなかった。クラウドコンピューティングやクラウドサービス、SaaS、PaaSといったシステム運用方法が一般に普及したことで、従来型の自社内運用を明示的に示す言い方として「オンプレミス」の語が用いられるようになったといえる。

 

第 6 問

Bluetooth の周波数帯は 5GHz 帯である。

解答 2

解説 Bluetoothは2.4GHz帯を79の周波数チャネルに分け、利用する周波数をランダムに変える周波数ホッピングを行いながら、半径10 – 100m程度のBluetooth搭載機器と、最大3Mbpsで無線通信を行う。

 

第 7 問

canvas における座標系は左上が x=0、y=0 である。

解答 1

解説

canvasの座標系は左上が原点であり右に進むほどxの値が増加し、下に進むほどyの値が増加するようになっている。

 

第 8 問

レンタルした映画の DVDのコピー防止機能を解除し、自分のパソコンにコピーすることは、個人的な目的で行う 場合であれば、違法行為とはならない。

解答 2

解説

「技術的保護手段」が施されたTV録画および市販のDVD・Blu-rayのコンテンツを権利者の意図しない手段で複製する行為は、個人用途や家庭内利用の範囲から外され、違法となる。

 

第 9 問

パーミッションが 777 のディレクトリにあるファイルは ファイルオーナー以外のユーザによる削除はできない。

解答 2

解説 パーミッション(記号) 777は、ファイルやディレクトリの所有者や本人、UNIXのシステムの利用者、本人が所属するグループ全員、システムの利用者でもない、第三者が、「読むこと」、「書くこと」、「実行」が可能である。

詳しくはこちら→パーミッションについて

 

第 10 問

デジタル署名とは、公開鍵暗号技術を利用した暗号化された署名情報であり、デジタル文書の正当性を保証す
るための技術またはその一連の手順のことである。これを利用することにより、送信者の認証とデータの改ざんの有無の検知が可能となる。

解答 1

解説 デジタル署名とは、電子文書の正当性を保証するために付けられる、暗号化された署名情報のことである。電子商取引をする場合などによく利用され、文書の作成者本人であることと、途中で文書が改ざんされていないことを証明する。

 

第 11 問

データを送受信する際、データを一時的に蓄えておく記憶装置や記憶領域をバッファという。

 

解答 1

解説 バッファとは、コンピュータ用語としては、入出力処理において入力と処理との間に生じたタイミングのずれを補う目的で、データを一時的に保持するために用意される記憶領域のことである。

 

第 12 問

WebGL(Web Graphics Library)とは、ウェブブラウザで 3D あるいは 2D グラフィックスを描画処理用のハード ウェアにより高速にレンダリングする JavaScript API であり、ブラウザにプラグインをインストールして用いる。

解答 2

解説 WebGL(ウェブジーエル)は、ウェブブラウザで3次元コンピュータグラフィックスを表示させるための標準仕様。非営利団体のKhronos Groupで管理されている。WebGLはHTML5のcanvas要素に描画する。

 

第 13 問

白(#fff)の背景に赤(#f00)の文字を表示させると、コントラスト比は 4.5:1 に満たない状態となる。

解答 1

解説 白い背景に赤の文字を表示させたときのコントラスト比は3.99:1である。

WCAGでは、通常文字(22px未満)のコントラスト比は、4.5 以上としている。

詳しくはこちら→https://waic.jp/docs/UNDERSTANDING-WCAG20/visual-audio-contrast-contrast.html

 

第 14 問

HTML5 では、data-*属性だけでなく aria-*属性も使用できる。

解答 1

解説 「グローバル属性(Global attributes)」とは、HTML全てのタグにつけることのできる属性である。

data-*属性とaria-*属性はグローバル属性に含まれている。

 

第 15 問

VDT 作業者のための安全衛生環境等の構築は第一義的には事業者が行うものであるが、VDT 作業者に対し ても自主的に健康を維持管理し、かつ、増進していくために必要な知識について教育を行うことが望ましい。

解答 1

解説 VDT作業に従事する作業者及び当該作業者を直接管理する者に対して労働衛生教育を実施することとした。また、新たにVDT作業に従事する作業者に対しては、VDT作業の習得に必要な訓練を行うこととした。

詳しくはこちら→https://jsite.mhlw.go.jp/tokyo-roudoukyoku/jirei_toukei/anzen_eisei/toukei/anzen-vdt.html

 

まとめ

ウェブデザイン技能検定2級学科の2択の部分については以上となる。

16問目以降は4択となっている。

また次回に続く。


このエントリーをはてなブックマークに追加

マーケティング・経営ランキング

にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です