人生とは行動の積み重ねの結果である(たまには熱く語ってみる)

最近身に染みて思うことがある。

自分の人生を変えるのは自分の行動だけだということだ。

「もし、あの時あの決断をしていなければこういう状況にはならなかった」

と、感じることがよくある。

それは、ただ単に原因と結果について深く考えるようになったからかもしれない。

例えば、今日は朝早く目が覚めたなと思ったら、その原因を考える。

昨晩は特にいつもより早く寝たわけでもなく、いつも通りだったのに

なぜ、朝の目覚めがよかったのかなどと考えるのだ。

その結果、夕食のメニューに影響されていることがよくわかる。

夕食に揚げ物や炭水化物、消化の悪いものを摂取すると目覚めが悪い。

逆に野菜や豆腐、納豆などを摂取していると翌朝目覚めが良いことに気づく。

このように日頃から起こった現象に対して原因を追究する癖がついてくると

生活は劇的に変化する。

そして、その癖がついてくるとある程度、どういう行動を取ったら

どういった結果になるのかが予測できてくるようになるのだ。

ある程度予測できるようになると気持ちに余裕ができる。

そうなると落ち着いた日常を送れるようになる。

トラブルにも巻き込まれることも少なくなり、

効率のいい時間の使い方ができるようになる。

つまり、トラブルに巻き込まれやすい人、常に忙しい人、朝起きれない人

すべて自分の行動を見直すことで改善できるはずなのだ。

子供と大人の違いを考えてみて欲しい。

子供は同じことを何度言っても同じ失敗をしたり、

明らかにけがをしそうなことや失敗しそうなことを平気にやろうとする。

何故大人になるとやらなくなるのか?

それは同じことをした経験があるからだ。

経験したことから学んで成長していくのだ。

だからといって子供の挑戦を止めてはいけない。

あなたと同じように経験をしなければ学ぶことはできないからだ。

行動の結果から学ぶことを繰り返すことで、

あなただけの人生が作られていく。

すなわち、人生とは行動の積み重ねの結果であるということだ。

人は挑戦し、失敗しなければ学ぶことができないとまでは言わないが、

行動しなければ何も学ぶことはできない。

失敗は大きな経験を得ることができるが、

成功したときも、その原因を考える癖がついていれば

得られるものは大きい。

人生がつまらない、人生に迷っている、生き甲斐が無い、

そんなことを考える暇があるなら今すぐ新しいことにチャレンジするべきだ。

世の中にはあなたの知らない世界が無数に存在し、

あなたが没頭できるものが必ずあるはずだ。

そして、あなたと同じような思考の人も世界中にはたくさんいるし、

身近に気の合う人がいなくても、もっと視野を広げれば

たくさんの共感できる仲間がいるはずだ。

どうか自分の人生を嘆く前に、人生を変える行動を。

行動とは、挑戦と学ぶことである。

挑戦するには目標が必要である。

まずは大きな目標を立てよう。

その大きな目標を達成するためにやるべきことを考え、

少しずつ大きな目標に近づいていくのだ。

目標や夢が大きな人になろう。

夢の大きさはその人の器の大きさを表している。

その夢を笑う人は器の小さい人だ。

その夢を応援してくれる人はあなたの味方である。

あなたの夢が大きいほど多くの人が集まり、

多くの人が集まるほど人生は豊かになっていく。

あなたの人生を変えるのはあなたの行動次第だということだ。

愚痴、不平、不満を言っている時間が、

あなたの夢を語る時間になれば人生はもっと楽しいはずだ。

どうかこれを読んでくださったあなたには、豊かな人生を歩んで欲しい。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です