ウェブデザイン技能検定3級学科解説その17

ウェブデザイン技能検定3級学科出題範囲

6.ウェブインフォメーションデザイン

6-2.インタフェースデザイン

1.ユーザに配慮し目的に合致したインタフェースに関する要件について一般的な知識を有すること。

1)ナビゲーション

2)インタラクション

3)グラフィカルユーザインタフェース

 

ナビゲーションについて

ここでいうところのナビゲーションとは、トップ画面の上部にあるメニューのことを指している。

詳しくは前回の記事を参照>ウェブデザイン技能検定3級学科の解説その16

 

インタラクションとは

インタラクションとは、インタラクションとは英語の「 inter(相互に)」と

「action(作用)」を合成したもので、その基本は

「人間が何かアクション(操作や行動)をした時、そのアクションが一方通行にならず、

相手側のシステムなり機器がそのアクションに対応したリアクションをする」

ということを表している。

現代におけるインタラクションデザインで分かりやすい例が

こちら→近未来を感じる!インタラクションデザインとは

 

簡単に言うと、ユーザが起こした行動に対してユーザにとって最善の答えを

導き出す表現やデザインのことであると言える。

現代ではインタラクションデザインがユーザの心を捕らえる、重要なものであると

考えられ、使いやすく、わかりやすく、ファッショナブルなデザインが求められている。

 

ウェブデザイン技能検定3級学科ではインタラクションの意味を理解していれば十分だ。

もし、ウェブサイト作成でインタラクションデザインに困っているなら

下記のリンクを参考にするといい。

インタラクションデザインとは?理想的なUXのための5次元要素

 

グラフィカルユーザインターフェイスについて

GUI(Graphical User Intreface)とは、

コンピューターの表示や操作の方式(ユーザーインターフェース)のうち、

表示にアイコンや画像を多用し、

操作の多くをマウスのようなポインティングデバイスによって

指示できる方式のことである。

GUIに対して、情報の全てが文字によって表示・入力される方式は

CUI(キャラクターユーザーインターフェース)と呼ばれる。

CUIに比べて、GUIではより直観的な状態把握や操作が可能となっている。

 

まとめ

GUIやCUI、インタラクションデザインについては、

後悔されている最近の過去問では出題された形跡がない。

さらに過去の問題になると下記のような問題が出題されている。

 

Q1.正しいと思われるものは1を、間違っていると思われるものは2を記しなさい。

マウスやアイコンを使用してパソコンを操作するインターフェースはCUIである。

 

正解は2。マウスやアイコンなどのグラフィカルな表現を用いて

パソコンを操作する方法はGUIである。

 

ウェブデザイン技能検定3級学科では、今回の内容でいうと

GUIやCUIの意味を理解していれば十分だ。出題率も低い。

 

「6.ウェブインフォメーションデザイン」の内容のほとんどは

「5.ウェブビジュアルデザイン」で解説してしまったので、

ウェブデザイン技能検定3級学科解説その14ウェブカラーデザインについて

を、熟読していただきたい。

 


 

このエントリーをはてなブックマークに追加

マーケティング・経営ランキング

にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です