ウエブデザイン技能検定に必要なHTMLとCSSの基本

正直なところ最近は無料のホームページ作成サイトを使えば
HTMLの知識もCSSの知識もほとんどいらない。

WordPressを導入すれば無料のホームページ作成サイトと
変わらないし、カスタマイズもできる。

しかし、そういったツールを使わずに1からホームページ作成には
HTMLとCSSの知識は欠かせない。

しかも、無料のホームページ作成ソフトを利用してホームページが作れたとして、
それを、「自分はホームページが作れる」と思っていいのだろうか?
少なくとも就職活動の際に履歴書にかけるような内容ではない。

では、ホームページが作れる人は履歴書に「ホームページが作れる」と書けないのだろうか?
実はホームページが作れると同等の知識を備えていることを証明できる資格がある。

それが、「WEBデザイン技能検定」だ。
「WEBデザイン技能検定」は1級から3級まであり、
3級を持っていればとりあえず、1からホームページを作ることができるレベルだと思っていい。

 

ウェブデザイン技能検定とは

 

ウェブデザイン技能検定は、国家検定制度である技能検定制度の一つとして、
厚生労働省より職業能力開発促進法第47条第1項の規定に基づき指定試験機関の指定を受け、
特定非営利活動法人インターネットスキル認定普及協会(以下、当協会)が実施するものです。

試験は実技および学科試験で実施され、関連国際標準規格等に基づきウェブデザインに関する知識・技能、実務能力等が問われます。1級の合格者には厚生労働大臣より、2級及び3級の合格者には当協会理事長より、ウェブデザイン技能士の合格証書が発行されます。

※ウェブデザイン技能検定HPより抜粋→http://www.webdesign.gr.jp/index.php

 

実技試験科目及びその範囲

[1]ウェブサイト構築

●ウェブサイトデザイン

以下のウェブサイト構築に関するデザイン作業が出来ること
・ハイパテキストタグ付け言語(HTML)、拡張型ハイパテキストタグ付け言語(XHTML)、スタイルシート(CSS)によるコーディング
・画像の利用
・マルチメディアデータの利用
・ページデザイン・レイアウト
・アクセシビリティ

●ウェブサイト運用管理

以下のウェブサイト運用・管理に関する作業が出来ること

・更新、管理
【受検用PC環境(予定)】
受検用PCのOS ・Windows 7 以降
ブラウザ
・Google Chrome 最新安定版
・Mozilla Firefox 最新安定版
・Microsoft EdgeもしくはInternet Explorer 11
アプリケーション ・OS標準インストールのアクセサリ、サクラエディタ、TeraPad、Sublime Text
※ウェブブラウザに標準機能として搭載されているデベロッパーツールも利用可能です。

ただし、独自会場での団体受検のみ下記の環境での実施も可能です。
検定PCのOS ・OS X 10.10 以降
ブラウザ
・Google Chrome 最新安定版
・Mozilla Firefox 最新安定版
・Safari 6 以降
アプリケーション ・OS標準インストールのアクセサリ、mi、Sublime Text、CotEditor

 

【学科試験科目及びその範囲】

[1]インターネット概論

●インターネット
以下のインターネットの仕組みについての一般的な知識
・インターネットの仕組み
・ワールドワイドウェブ(WWW)
・通信プロトコル
・ハイパテキスト転送プロトコル(HTTP)
・その他、インターネットについての一般的な知識
●ネットワーク技術
以下のインターネット接続法についての一般的な知識
・アクセス方式
・ネットワーク接続法
・サーバ・クライアントモデル
・端末と接続機器
・その他、インターネットに関わるネットワーク技術についての一般的な知識
●インターネットにおける標準規格、関連規格の動向
以下のワールドワイドウェブ(WWW)における各種標準化団体及び標準規格及び関連規格、動向についての一般的な知識
・日本工業規格(JIS)
・国際標準化機構(ISO)
・ワールドワイドウェブコンソーシアム(W3C:World Wide Web Consortium)
・インターネット技術タスクフォース(IETF: Internet Engineering Task Force)
・欧州電子計算機工業会(ECMA:ECMA International)
・ウェブ・ハイパーテキスト・アプリケーション・テクノロジー・ワーキング・グループ
(WHATWG:Web Hypertext Application Technology Working Group)
・その他、ウェブデザインに関わる各種規格、技術動向についての一般的な知識
●ウェブブラウジング
以下のウェブブラウジング技術における一般的な知識
・ブラウジング
・端末
・ウェブブラウザの種類と仕様
・サービス
・認証サービス

以下のウェブ表示端末についての一般的な知識
・携帯端末
各種端末に向けてウェブサイトを表示するための技術についての一般的な知識
●ワールドワイドウェブ(WWW)セキュリティ技術
以下のワールドワイドウェブ(WWW)における各種セキュリティ技術についての一般的な知識
・ウェブブラウザの種類と各種仕様
・公開鍵暗号基盤(PKI)
・ファイル転送
以下の各種法令に関する一般的な知識
・不正アクセス行為の禁止等に関する法律
・個人情報の保護に関する法律
以下のインターネットにおける各種セキュリティ及びマルウェア等の攻撃についての一般的な知識
・インターネットにおける不正アクセスの種類・方法
・マルウェアの攻撃方法
・対処、対策方法
●インターネット最新動向と事例
・インターネット及びワールドワイドウェブ(WWW)に関わる各種最新動向について
の一般的な知識
・ウェブデザインに関わる最新事例についての一般的な知識

[2]ワールドワイドウェブ(WWW)法務

●知的財産権とインターネット
以下のワールドワイドウェブ(WWW)及びウェブ構築に関わる知的財産権及び関連する権利についての一般的な知識
・産業財産権
・著作権
・その他の権利

[3]ウェブデザイン技術

●ハイパテキストマーク付け言語及び拡張可能ハイパテキストマーク付け言語
(HTML・XHTML)とそのコーディング技術
以下の記述言語についての一般的な知識
・ハイパテキストマーク付け言語(HTML)
・拡張可能ハイパテキストマーク付け言語(XHTML)
・拡張可能マークアップ言語(XML)
以上のハイパテキストマーク付け言語における各種タグ及びコーディングについての一般的な知識
●スタイルシート(CSS)とそのコーディング技術
・スタイルシート(CSS)のスタイル及びコーディング利用についての一般的な知識
・スタイルシート(CSS)のバージョン、各ウェブブラウザの対応状況に関しての一般的な知識
●スクリプト
・エクマスクリプト(Ecma Script)のコーディング及びシステムについての一般的な知識

[4]ウェブ標準

・ウェブ標準に基づいたウェブサイトの制作手法についての一般的な知識

[5]ウェブビジュアルデザイン

●ページデザイン及びレイアウト
以下のウェブサイトにおけるページデザインに関する要件についての一般的な知識
・テキストの種類と利用
・画像(イメージ) データの種類と加工、利用
・ウェブカラーデザイン
・構成について
・レイアウト手法
ウェブサイトのページデザイン、サイト構築についての一般的な知識
●マルチメディアと動的表現
以下のマルチメディアデータに関わる各項目についての一般的な知識
・マルチメディアデータの種類(動画・音声・アニメーション等)
・マルチメディアデータの作成と加工
・組込
・配信
マルチメディアデータを利用したウェブサイトのコンテンツデザイン、サイト構築についての一般的な知識

 

[6]ウェブインフォメーションデザイン

●インフォメーションデザイン
以下のウェブサイト構築を目的とした情報デザイン手法についての一般的な知識
・情報の構造化
・サイトマップの構成と設計
●インタフェースデザイン
ユーザーに配慮し目的に合致したインタフェースに関する要件についての一般的な知識
・ナビゲーション
・インタラクション
・グラフィカルユーザインタフェース
●ユーザビリティ
以下のウェブサイト構築におけるユーザビリティに関するデザイン手法についての一般的な知識
・人間工学
・ISO9241-11

[7]アクセシビリティ・ユニバーサルデザイン

以下のウェブサイト構築におけるアクセシビリティに配慮したデザイン手法及びユニバーサルデザイン手法についての一般的な知識
・ウェブコンテンツ JIS(JIS X 8341-3)
・ユニバーサルデザイン
以上を用いてウェブサイトの構築及びページデザインについての一般的な知識

[8]ウェブサイト設計・構築技術

以下の各種ウェブサイト構築に関わる一般的な知識
・サービスサイト
・バナー広告のタイプと作成
以下の各種設計・構築技術においての一般的な知識
・コミュニケーション
・企画
・プランニング
・サイト設計
・サイト構築

[9]ウェブサイト運用・管理技術

以下の各種ウェブサイト運用・管理技術においての一般的な知識
・サイト管理
・システム保守

[10]安全衛生・作業環境構築

ウェブデザイン作業に伴う安全衛生に関する以下の事項についての一般的な知識
・機械、器工具、原材料等の危険性又は有害性及びこれらの取扱い方法
・安全装置、有害物抑制装置又は保護具の性能及び取扱い方法
・作業手順
・作業開始時の点検
・ウェブデザイン作業に関して発生するおそれのある疾病の原因及び予防
・人間工学に配慮したコンテンツの設計、配信
・VDT 作業等に適した作業環境の設定
・整理整頓及び清潔の保持
・事故時等における応急措置及び退避
・その他ウェブデザイン作業に関わる安全又は衛生のために必要なこと
・労働安全衛生法関連法令(ウェブデザイン作業に関わる部分に限る)についての一般的な知識

 

受検資格

普段HPを作成している人ならいきなり1級を受けたいところだが、

受験資格が定められている。

特に実務経験がない場合は3級から受けなければその上の級は受けられない。

受験資格は以下の通り。

等級区分 受検対象者

1 級

実技試験

1 級の技能検定において、学科試験に合格した者(※1)

学科試験

7 年以上の実務経験(※2)を有する者
職業高校、短大、高専、高校専攻科、専修学校、各種学校卒業又は
普通職業訓練修了(※3)後、5 年以上の実務経験(※2)を有する者
大学(※3)卒業後、3 年以上の実務経験(※2)を有する者
高度職業訓練修了(※3)後、1 年以上の実務経験(※2)を有する者
2 級の技能検定に合格した者であって、その後 2 年以上の実務経験(※2)を有する者

2 級

2 年以上の実務経験(※2)を有する者
職業高校、短大、高専、高校専攻科、専修学校、各種学校を卒業又は
普通職業訓練(※3)を修了した者
大学(※3)を卒業した者
高度職業訓練(※3)を修了した者
3 級の技能検定に合格した者

3 級

ウェブの作成や運営に関する業務に従事している者及び従事しようとしている者

 

※1 当該学科試験が行われる日が、学科試験の合格日より 2 年以内である場合に限る。
※2 実務経験とは、ウェブの作成や運用、運営、管理に関する業務に携わった経験のことである。
※3 学校卒業、訓練修了については、卒業あるいは修了した該当科に協会が定めたウェブの作成や運営に
関する科目等が含まれると協会が認めたものに限る。
※4 上記※2の実務経験、※3の科目名についての詳細は、ウェブデザイン技能検定のウェブサイトの「試
験についてのQ&A」をご覧ください。

 

免除基準

次のいずれかに該当する免除の対象者は、

申請により学科試験あるいは実技試験が免除されます。

郵送による受検申請で試験の免除を受けようとする場合は、

免除資格を証明する書面(写し)が必要です。

 

免除の対象者 免除される等級及び範囲

1. 1 級の技能検定に合格した者→1 級の学科試験の全部

2.1 級又は 2 級の技能検定に合格した者→2 級の学科試験の全部

3.1 級、2 級又は 3 級の技能検定に合格した者→3 級の学科試験の全部

4.1 級の技能検定において、学科試験に合格した者(※1) →1 級の学科試験の全部

5.1 級又は 2 級の技能検定において、学科試験に合格した者(※1)→2 級の学科試験の全部

6.1 級、2 級又は 3 級の技能検定において、学科試験に合格した者(※1)→3 級の学科試験の全部

7. 2 級の技能検定において、実技試験に合格した者(※2) 2 級の実技試験の全部

8.3 級の技能検定において、実技試験に合格した者(※2) 3 級の実技試験の全部

9.ウェブデザイン職種の指定試験機関技能検定委員であって、

試験問題作成に係る職務に 2 年以上携わった者→1 級、2級及び3級の学科試験及び実技試験の全部

10.ウェブデザイン職種の指定試験機関技能検定委員を5 年以上務めた者→1 級の実技試験の全部、
2 級及び 3 級の学科試験及び実技試験の全部

11. ウェブデザイン職種の指定試験機関技能検定委員を2 年以上務めた者→2 級の実技試験の全部、
3 級の学科試験及び実技試験の全部

12.技能五輪全国大会のウェブデザイン職種において、1級の技能検定合格者と

同等以上の技能を有すると認められ、技能証の交付を受けた者(※3)→1 級の実技試験の全部

※ 1 当該学科試験が行われる日が、学科試験の合格日より2年以内である場合に限る。
※ 2 当該実技試験が行われる日が、実技試験の合格日より2年以内である場合に限る。
※ 3 平成28年度以降に技能証の交付を受けた者に限る。

 

試験についてのQ&Aはこちら→http://www.webdesign.gr.jp/kentei/qa.html

 

最後に

次回からこの「WEBデザイン技能検定」の3級について詳しく解説していきます。

※ちなみに私はこの資格は持っていません。

つまり、資格が無くてもHPは作れるわけですが、

WEB系の会社に就職したかったり、

クラウドソーシング系で仕事を探すときに、

この資格を持っていれば、「ある程度できる」と思われます。

この際私も受験しようと思っているので

一緒に頑張りましょう!

 

質問、相談などはこちら→https://line.me/R/ti/p/%40wsm7132u

匿名希望の場合はTwitterのDMとかでも構いませんよ!→https://twitter.com/souharuxyz

 


 

このエントリーをはてなブックマークに追加

マーケティング・経営ランキング

にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村

 

はてぶ&ランキングバナーのクリックにご協力、お願い致します!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です