キャッチコピーの考え方と具体例

キャッチコピーの重要性

ランディングページの中でもファーストビュー(見込み客が最初に見る部分)

には、細心の注意を払わなければならない。

 

なぜなら、ファーストビューで見込み客を引き付けることが

できなければ、その後の商品説明など読まれることもないからだ。

 

ファーストビューの中でもキャッチコピーは

ひと目で見込み客の心を掴み、興味を持たせなければならないのだ。

 

ひと目で見込み客に興味を持たせるには、

ひと目で理解してもらう必要がある。

そのため、キャッチコピーは短く、わかりやすいものでなくてはならない。

キャッチコピーがそのLPの成約率のカギを握っている。

 

・「短くわかりやすい言葉」

・ひと目でメリットが伝わる

 

そんなキーワードに頭を悩ませがちだが、

やるべきことはリサーチからだ。

 

キャッチコピーを考える前にリサーチ

まずはキャッチコピーを考える商品について、

関係するキーワードをすべてあげてみることだ。

 

その中から、見込み客が求めるキーワードを

探し出すのだ。

 

ターゲットのペルソナの設定が具体的であればあるほど

このキーワードも具体化してくる。

 

例えば、あなたが売りたい商品が健康食品で、

その健康食品に使われている成分が今話題のXXだとすると、

XXという成分に興味を持つ見込み客が連想しそうなキーワードを

考えていくのだ。

 

XXという成分が見込み客にとって興味を引くキーワードの場合、

XXというキーワードをキャッチコピーに取り入れる。

 

その商品がプロテインだとすると「ホエイプロテイン100%」

というキーワードが見込み客の興味を引くように、

関係ない人からしてみれば重要に見えないキーワードほど

見込み客にとっては興味を持つキーワードとなり得るのだ。

 

具体的なペルソナを設定したら、そのペルソナの気持ちになって、

顧客目線でキーワードを抽出していき、反応がよさそうなキーワードを

ひたすら挙げていく。

 

そうすることで、重要なキーワードを抽出することが出来る。

それにより、抽出したキーワードを使って強力なキャッチコピーを

作らなければならない。

 

キャッチコピーには、この重要なキーワードと、

その商品を購入することによって得られるメリットが

含まれていることが望ましい。

 

「340ヤードを実現させる○○のドライバー」(ゴルフクラブ)

「あなたの肌を10歳若返らせる基礎化粧品」(化粧品)

 

など、その商品を購入することによって得られるメリットは、

具体的な数字を含ませることで、より信頼度が増すことになる。

 

まとめ

つまり、キャッチコピーを考える際に必要な要素は、

・短く、わかりやすい

・強力なキーワード

・メリット

・具体的な数字

と言うことになる。

 

いくつかキャッチコピーを作ってみてA/Bテストを繰り返し、

反応のいいものを採用しよう。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

マーケティング・経営ランキング

にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です