SNSマーケティングに特化した結果1位を獲得

Tik Tok

Twitterを開くたびに見かける広告があった。

その広告は、ティックトックという動画配信アプリだったが、

もっともダウンロードされたiPhoneアプリとして1位に輝いた。

 

2位以下

ちなみに2位はYouTube、3位はWechatとなっている。

トップ10は以下記事を参照。

たぶん、あなたは知らない“今、世界で最もダウンロードされている”iPhoneアプリ

 

1位になったティックトックは中国の企業だが、

7位、8位、9位にも中国の企業のアプリがランクインしている。

 

中国の勢いは増すばかりだ。

あなたの知らないアプリがあったのではないだろうか?

 

今、時代は完全にMFI(モバイルファーストインデックス)によって

モバイルメインへとシフトしてきている。

 

2018年、世界のゲーム市場売上の51%はモバイル、日本のゲーム市場は約2兆円

上記の記事でもわかるように、ゲーム市場も

モバイルがメインになりつつある。

 

最近のスマホゲームはグラフィックばかりばかりよくなって、

中身が薄っぺらいなどと言われることもあるが、

まだまだこれから成長していく市場だろう。

 

しかし、スマートフォン向けに宣伝しても

スマートフォン上級者は広告をブロックしている強者もいる。

実際広告は鬱陶しいと感じるかもしれないが

広告費を払って宣伝している企業としては

あまり好ましくない状況だ。

 

今後はスマートフォンアプリだろうが

広告がブロックされないTVや雑誌などからの

流入も検討しなければならないのではないだろうか。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

マーケティング・経営ランキング

にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です