そろそろ本気でコピーライティングテクニックを身に付けませんか?

あなたは今、

コピーライティングを身に付けたいと思っています。

(とりあえずそういうことにしておいて下さい。)

できることなら最短最速で、

成果を上げたいと思っています。

そのために必要な教材を探して

今このページをご覧になってくださっている

と思います。

例えば、大学受験を控えた高校生が

目標の大学合格の為に必要な

良い参考書を求めて書店を訪れ、

参考書を手に取っている状態です。

その参考書のタイトルは

「合格率を確実にアップさせる7つの法測」

だとしましょう。

しかし、中身を見てみないと判断できませんよね?

中身が見れない参考書を購入しようとは

思わないでしょう。

そこで、この教材の中身を少し

ご紹介することにします。

「バンドワゴン効果」についてお話します。

    

私たちは友人や恋愛関係を必要としていて、    

その中で「自分が受け入れられている」    

「自分は価値がある大切な人間なのだ」と思う、生理的欲求があります。    

心理学者エイブラハム・マズローが提唱した

有名な「人間の要求の階層」ピラミッドによれば    

帰属への要求は、

人間の生理的要求(衣食住)、    

安全に対する要求(防護、安定、恐怖からの解放)に次いで    

3番目に位置しています。    

最初の2つの要求が満たされたら    

帰属や愛が最優先事項になるのです。    

これは抜け目ない広告主が人を説得するために    

つかんでおくべきチャンスなのです。    

集団に帰属するといっても、    

人間が構成する3種類の集団というものがあります。    

1.憧れの集団・・・あなたが属したいと思う集団  

2.連帯する集団・・・あなたと考えや価値観を共にする集団  

3.関係を断つ集団・・・あなたが属したくない集団。    

製品やサービスを3つの集団に関連付けることによって、    

見込み客に集団をよりどころにした決断を促すことができます。    

「多数意見=適切のヒューリスティックス」がこの戦略の論拠となっています。  

※ヒューリスティックスについては別の章で説明します。    

大きな集団がある製品に対し好意的な意見を持っている場合、    

その意見は確実に正しくなる。という考え方です。    

ネットショッピングなどでレビューを見たりしませんか?    

レビューで大多数の利用者が絶賛していれば   
その商品は信頼できそうだと判断しますよね?    

では、あなたの商品やサービスを利用する見込み客を    

一体どの集団に結び付ければいいのか?    

おおまかなやり方を説明します。    

「憧れの集団」の影響力が必要なら、見込み客が、    

「憧れの集団」と自分を簡単に同一視できるようにしなくてはなりません。    

例えば、あなたが、

まるで空気のクッションの上に腰かけているかのような    

座り心地の良い自転車のサドルを売っているとしましょう。    

見込み客の年齢層は34歳前後だとリサーチした結果があるとします。    

広告写真に老人を使うことは考えませんよね?    

近所のおじさんとかも厳しいですよね。    

「憧れの集団」の影響力を必要とするなら   

 自転車界での王者や伝説となった人物など、    

見込み客が真似したいと熱望するようなプロを    

フィーチャーすることであなたの見込み客は、    

その人たちにもっと近づけると考えるでしょう。 

上記はこの教材の一ページの一部です。

バンドワゴン効果という心理的効果について

説明しています。

バンドワゴン効果の例を一つあげてみましょう。

例えば、あなたが、はじめて旅行に行った場所で

昼食には、その旅行先の地域では有名な

濃厚なスープが細麺に絡む、

一度食べたら病みつきになりそうな

ラーメンを出してくれるラーメン屋さんに

行ってみたいと思っています。

すると、あるラーメン屋さんの前に

行列ができているのを発見し、

あなたは、

「こんなに行列ができるんだから間違いない!」

と思い、行列に並びます。

どんな味のラーメン屋さんかもわからず、

行列を信用してあなたは行列に並びました。

これがバンドワゴン効果です。

ピンと来ましたか?

これを悪用したのが❝サクラ❞と言われる行為ですね。

自分たちの利益目的で、繁盛している店に

見せかけるために、人を雇ってわざわざ行列を

作るわけです。

ある実験では、

ひとりが何もない空へ向かって

指さしていても

誰も気にも留めなかったが、

4人で空を指さしていると

そこには空を見上げる多くの人が集まった

という結果が出たこともあったそうです。

このように、行動心理学を

悪用してしまうこともできますが、

実力が伴わないお店は

結局お客さんは付きません。

マーケティングの基本は

圧倒的顧客志向と顧客目線です。

顧客にとって必要とされているニーズに対し

商品やサービスを提供します。

見込み客の頭の中を具体的に想像し、

見込み客の細かな要望に応えることで

圧倒的な支持を得ることが出来ます。

 

ひとつの行動心理学に頼るのではなく、

より多くの心理術を学び、

使いどころを見極め、

最適なタイミングで最適な心理的効果を

使うことが求められます。

 

市場規模調査やアンケートなどを調査し、

売上予測を立て、計画を立て、実行し、

検証し、改善していくサイクルが王道です。

始めは型にハマって、

覚えたことをそのままやってみるといいです。

すると、行動した結果が残ります。

その結果を検証し、改善することで

望む結果へと向かっていくことが出来ます。

行動しなければ結果はありません。

行動すれば、成功するか、

行動した結果が残るかのどちらかです。

行動した結果を改善し、アプローチを変えることで

また、成功するか、

行動した結果が残るかのどちらかです。

つまり、失敗というのは

あなたが失敗と捉えた時点で失敗になるのです。

望む結果がでなかったことを

失敗と思い込んでいるだけです。

望む結果がでなくても、

違う結果を出すことに成功している事実が残ります。

守・破・離

 

という言葉がありますが、

成功への第一歩は成功者の型を学び

成功者の真似をすることです。

型を守ることが「守」です。

その型を破り進化させる段階が

「破」になります。

そして自分だけのノウハウに仕上げるのが

「離」です。

もはや最初の型とは全く違うノウハウに

なっているかもしれません。

ちょっと話が反れましたが、

要するに、この教材の中身は、

こういった行動心理学を活かした

コピーライティングテクニックや

マーケティングテクニックをぎっしりと

詰め込んでいるのです。

そんな教材に対して、

今、あなたは、

「本当にそんなテクニックが役に立つのだろうか」

「結局、詐欺でしょ。」

とか思っているのではないでしょうか?

騙されたくないから、

「買わなければいい」と思っているなら

正解です。

買わなければ騙されることはありません。

その考え方は正しい。

全く間違っていません。

ただし、圧倒的反応を得ることが出来る

コピーライティングテクニックを身に付け、

数億円を稼ぐようにはなれないだけです。

稼ぐ可能性を捨てることになるだけです。

たったそれだけのことです。

情報商材の世界では、

疑われることが当たり前で、

信用されることの方が少ないのですから

当然のことです。

なぜ、そのような印象があるのかというと、

怪しい詐欺商材に騙された経験がある人が

騙されたと言っているからです。

タチが悪いのは、商材の中身を見ずに

購入したこともなく否定する人です。

それも実は心理的テクニックのひとつなのです。

「共通の敵を作り出し、信用を得る」

という手法を使っているのです。

そういう手法を使っている人ほど

詐欺商材というパターンが多いです。

中身のない商材か、

実行することが難しい商材です。

昔あった詐欺商材の話ですが、

「誰でも簡単に不労収入を得る方法」

みたいなタイトルの情報商材の中身が、

「腕を一本ぶった切って障害者年金をもらおう!」

という内容だったという話を聞いたことがあります。

完全な詐欺商材の典型ですね。

実現不可能なことを言っています。

「物販で誰でも簡単に年商1億!」

なんてのも気を付けた方がいいですね。

年商1億作るのに仕入れ費用がいくらかかるのか

ということです。

9000万仕入れて年商1億なら、

嘘はついていませんが、

誰でも簡単に、ではありませんよね?

こんな商材が後を絶たないので

情報商材が怪しいと思われても仕方ありません。

むしろ怪しんで見るのが正解です。

​正直にいいますと、

この教材も、読むだけでは身に付きません。

実際にセールスレターを書いてみないと

わからないことも出てくると思います。

最短最速でテクニックを

身に付けたいかもしれませんが、

コピーライティングに正解は無いと言っていいほど

そのテクニックは日進月歩で進化しています。

スマートフォンやテレビ、

AIスピーカーなどが進化していくように

コピーライティングの手法も進化していくのです。

では、なぜこの教材が必要かというと、

知ってて当たり前の内容だからです。

コピーライターがこの教材を見たら、

「あぁ、これね。」

くらいの反応でしょう。

コピーライターとして

知っていて当然の知識が書いてあるだけです。

数十冊の書籍を参考に今まで

学んだことを凝縮しているだけですから、

書店で数十冊の本を買えば、

同じような知識を手に入れることができます。

だから、わざわざこの教材を買う必要はないのです。

では、なぜこの教材を売っているのか?

と思いませんか?

それは、この教材は知識を提供して終わり、

ではなく、

一緒に考えようというスタイルだからです。

つまり、つまづかないようにサポートします。

オンラインサロンという形で

私が直接指導します。

添削をしたり、質問に答えたり、

デジタルマーケティング業界にまつわる

情報をお届けしたり、

コピーライティングやデジタルマーケティングを

本気で学びたい人にとっては

最高の場を提供したいと思っているのです。

なぜ、私がこういうサービスを提供しようと

思ったかと言うと、

「そういうサービスが無かったから。」

ということではなく、

「そういうサービスは高すぎるから。」です。

試しに、「コピーライティング講座」を

ググってみてください。

そしてその受講料を見てください。

マジでビビりますよ。

初級、中級、上級と分かれていて、

それぞれ受講料がかかるので

もの凄い金額になります。

なぜ、こんなに高いかと言うと、

有名な実績のあるコピーライターが

講師として来てくれるからです。

そして、コピーライターとして

仕事を紹介してくれるそうです。

しかし、名だたるコピーライターの講師の

皆さんが、そこで学んでいたかと言うと

全員そうであるとは言えません。

コピーライティングの講師は、

自分で勉強して、実践して、自分で改善を

続けて、実績を残したから、

講師として指導しているのです。

学校の教師がいい例ですね。

教員免許を持っているから教師を

しているだけで、

授業を受けた生徒が全員出来るように

なるのかと言えば、

そんなことはありませんよね?

そのコピーライティング講座に

ウン十万円かけるより、

こっちで一緒にやりませんか?

ってことを言いたいわけです。

結局、結果が出るかどうかは、

自分の努力次第なら、

数千円で知識を得られて、

相談できた方がリスクが低いと

思いませんか?

いずれは、この教材を購入してくださった方と

一緒に、新しい情報商材を作ったりも

したいなと思っています。

長くなりましたが、

気になるお値段は

3980円です。

たったの3980円で、

あなたの人生が変わるかもしれません。

たったの3980円です。

騙されたと思って買ってみてください。

教材に対する価値としては500円くらいでしょう。

しかし、サポート、相談、添削までついていたら

どうでしょうか?

破格ですよ。破格。

なぜそんな破格でできるかというと、

「とにかく人を集めたいから」です。

沢山の人に感謝されて尊敬されたいから(笑)

ホントに、これはマジでそう思ってます。

だって、そう思いませんか?

沢山の人に感謝されて尊敬されたら

嬉しいですよね?

ホントはタダでもいいんですけど

僕にも生活があるので、3980円だけ

払ってください。

お値段以上の価値を提供することは

間違いありません。

​そして、一緒に圧倒的成果を上げましょう!!

 

 

ご購入はこちらhttps://www.infotop.jp/order.php?iid=72988

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

マーケティング・経営ランキング

にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です