人脈が欲しい人に人脈は作れない理由

あなたは、自分にもっと人脈があれば・・・なんて

思ったことは無いだろうか?

 

そういった思考こそが人脈ができない原因であることを

お話しよう。

今、あなたが深い付き合いをしている人は、

金銭の貸し借りが出来る人だろうか?

 

今、あなたが友達だと思っている人は

あなたのことを友達だと思っているだろうか?

 

今、あなたがいい人脈だと思っている人に、

あなたのことをいい人脈だと思ってもらっているだろうか?

 

何かをしようと思った時に無償で力を貸してくれるような人間関係を築きたいのなら、

自分もその人のために無償で力を貸してあげるのが人脈と呼べるものだ。

 

だから、常に自分は、自分が大切に思っている人に対して

見返りを求めず協力しなければ真の人脈は築けない。

 

しかも、それは自分が本当にその人に協力したいという思いをもって

協力しなければならない。

 

後に協力をしてもらいたいから協力をしておくといった行為は、

何か裏があることを悟られる。

 

そういった気持ちが少しでも相手に伝わってしまうと、

あなたが無償で協力したとしても協力を得られることはできないだろう。

 

あなたが無料で提供した情報によって、

あなたが協力してあげた人が利益をあげたら、

その人は何かあった時あなたの助けになってくれるかもしれないが、

その助けをあてにしてはいけない。

そんな人が10人中1人でもいればいいほうだ。

 

大体金銭が絡むと人の縁というのはハッキリする。

本当に人間性で付き合っている人と言うのは切っても切れない。

それが人脈と呼べるものである。

 

人脈が欲しいのなら、あなたのことを信用できるほどのことを

あなた自身がやらなければならない。

 

自分は何もせずに相手から何か有益な情報をもらうつもりだったり、

自分の為に有利に働いてくれるようなことを求めているようでは

人脈は作れない。

 

無償で相手のことを思いやり、

損得抜きで付き合うことができる人間関係こそが

人脈と呼べるものだ。

 

どうか、自分の利益目的の為だけに誰かと繋がろうとする行為は辞めて欲しい。

自分の利益目的で誰かと繋がろうとする行為自体が醜い。

他人の利益目的で他人のために行動できる人にこそ信頼は集まる。

信頼される人には紹介も集まる。

紹介された人はまた紹介したくなる。

つまり、人脈を利用しようと考えない方が

人脈は広がっていくのだ。

 

これを読んでいるあなたには、

目先の損得勘定で動かず、

相手の利益のために行動できる

人間であって欲しい。

 

マーケティングにも同じことが言える。

お客様の為に、お客様の立場にたって、

お客様が求めているものを提供することで、

支持が得られる。そしてファンがつき、紹介してもらえる。

 

儲かることしか考えていないと思われていては

お客様もファンもついてこない。

 

お客様のために何が出来るのかを第一に考えなければ

お客様は集まらないのだ。

 

信用が無ければお客様はつかない。

信用が無ければ自分の収入も上がらない。

信用が無ければ幸せには慣れないのだ。

 

相手を幸せにする思いがなければ、

自分が幸せになることはできないのである。

 

相手の幸せこそが自分の幸せであるような

人間性を持ってもらいたい。

 

 

 


マーケティング・経営ランキング

にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です