バイラルマーケティングとは

「バイラル」とは、「ウイルス性」のような意味がある。

インフルエンザのように感染して広がっていくマーケティング手法のことを

バイラルマーケティングと言う。

今回はバイラルマーケティングについてお話する。

 

バイラルマーケティングとは、ウイルスのように感染していくことを

示しているが、では、どうやって感染していくのだろうか?

その答えが「口コミ」である。

口コミを使ったマーケティング手法は昔から存在している。

では、どうやって口コミを起こしているのだろうか?

ここで一つ疑問に思ったかもしれない。

 

「口コミ」は勝手に起こるものではないのか?

 

口コミは自然に起きているものもあれば、

企業が戦略的に起こしているものもある。

 

例えば、紹介者に対して報酬を支払ったり、

紹介した人もされた人も報酬を得られるような手法だ。

 

この手法はMLMやネットワークビジネスで多く使われる手法で

あまり印象が良くない。

 

できれば、自然な形で口コミが起こるのが理想的だ。

 

では、どうやったら口コミが起こるのだろうか?

あなたは人に何か紹介したことはあるだろうか?

無ければ紹介された時のことを思い出してほしい。

 

人に何かを紹介するときは、その話題があがったときではないだろうか?

 

例えば、健康に関する話をしているとしたら、

最近使ったサプリメントでよかったものを紹介しているかもしれない。

 

家を建てたいという話題であれば、

家を建てたことがある人が、どこかいい工務店を紹介してくれるかもしれない。

 

この時、紹介されるサプリメントや工務店は、

なぜ紹介されるのだろうか?

 

多くの場合、それは人に紹介されて知ったものだから

紹介しやすいという理由がある。

 

紹介で知ったものやサービスを利用してみて

自分も良いと思った場合、人に紹介しやすのだ。

それは自分以外にもいいと思っている人がいるとわかっているからだ。

 

つまり、紹介されたものは紹介しやすいと言うことがわかった。

では、その最初の紹介者をどうやって見つけるかが問題になってくる。

 

こういう話には大体発信者がいる。

 

ウイルスの発信源ともいえる、

影響力の強い発信者がいるのだ。

 

多くの人と関わりを持ち、

多くの人と話をする機会が多い人に対して、

「誰か紹介してください。」と言っておくのだ。

 

ただ紹介して欲しいと要求するだけでは、

紹介してくれるはずがない。

 

その発信者本人が商品やサービスに対し満足していなければ

紹介は得られない。

 

ではその発信者が分からない場合は?

 

あなたの顧客リストの中には、

なんのメリットもなしに、無意識的に紹介してくれている

人が間違いなく存在しているのだ。

 

誰かから紹介された人に対して、

どういった経緯で紹介されたのか、

また、どういう言葉で紹介されたのか

簡単なアンケートを取るか、直接聞いて、

発信源を探しあてるのだ。

 

よく、初めて訪れた店でアンケートを記入することは無いだろうか?

つまり、そういったお店は発信源を探しているのだ。

 

発信源を突き止めたら、

発信者に対して、ささやかなプレゼントを渡す。

そのささやかなプレゼントが、人に渡すためのサンプルやサービス券だ。

サービス券なら、紹介者の名前が記入していなければ使えないようなものがいい。

紹介された側は、紹介者によって紹介されたことで

サービスの割引が受けられたり、ささやかなプレゼントを受け取ることが出来る。

 

これが、お金になってしまうと、MLMやねずみ講のような

怪しさが出てきてしまう。

 

ちょっとお得くらいがちょうどいい。

 

こうやって紹介された人が、

更に人を紹介して、口コミが感染していくのだ。

 

紹介された人は紹介しやすい状態だから、

口コミが広がりやすいのだ。

 

紹介されないともらえない無料サービス券や、

紹介された人しか与えられない会員特典など理想的だ。

 

お友達紹介キャンペーンと言っ大々的に宣伝しているものもあるが、

あれはバイラルマーケティンを利用したいマスマーケティングという

なんとも複雑なやり方だ。

 

バイラルマーケティングの利点は、

広告費が安く抑えられる点にある。

 

紹介者が、無給で働く営業マンの役割をしているということだ。

 

そこにお金をかけてしまっては本末転倒だ。

お金をかけたいなら、利用者に還元した方がさらに口コミが広がる。

 

DropBoxは無料で使えるサービスだが、容量を拡張する際に利用料金が発生する。

しかし、紹介したり、紹介された人はその有料部分を無料で利用することができることで

あっという間に広がりました。

 

LINEもバイラルマーケティングで広がったサービスの一つです。

一か月で1億人の利用者が増えたそうです。

 

このようにバイラルマーケティングは古くからある手法ですが

今でも十分に効果を発揮するマーケティング手法です。

 

今回の記事は、神田昌典著の「口コミ伝染病」を参考に

させていただきました。

今は日本一のマーケッターと言われている神田昌典氏が

日本一のマーケッターと言われるようになったのも、

このバイラルマーケティングが始まりだったようです。

 

是非一度読んでみてはいかかでしょうか?

 


マーケティング・経営ランキング

にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村

 

完全無料オンラインサロン!入会者募集中→https://line.me/R/ti/p/%40wsm7132u

ご紹介者してくれた人にもされた人にも、ささやかなプレゼントが・・・?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です