理想の広告とは

AIでスパム広告に対抗 Googleが考える「完璧な広告」の条件

https://newspicks.com/news/2960908?ref=user_2839107

ITmediahttps://newspicks.com/user/2006?ref=news-summary_2960908

 

上記記事はITmediaによる記事ですが、

Googleが考える完璧な広告の条件について語られています。

 

完璧な広告の条件については記事を読んで欲しいのですが、

消費者にとって、最適なタイミングで最適な情報が表示されること

が一番、広告の理想であるとされています。

 

これに対し賛否両論でしたが、

あくまでもGoogleが考える「完璧な広告」の条件であって、

それが理想的な広告であるかは別問題ということです。

 

個人的には、ゲームアプリなどで

広告動画を見るとアイテムがもらえたり、

無料の漫画配信サイトで、広告動画を見ると一話無料で見れたり

広告動画を見ることによって無料で何か利点がある

と言うのが理想的なWIN-WINスタイルだと思っています。

 

ですので、Googleのように無料で使えるのが当たり前のスタンスになっていると、

利用者は広告表示が煩わしいと感じてしまいます。

Facebook広告に関しても同じことが言えます。

 

無料で使えるけど広告が入る。という認識から、

広告が入るから無料で使える。という認識にシフトしていかなければ

利用者の満足度の上昇に繋がらないのではないかと考えます。

 

むしろ、高品質で誰もが使いたいと思うサービスなら有料でも使うはずです。

広告収入というスタイルを貫き通す限り、Googleが抱える問題は解決しないでしょう。

 

広告を出稿する側のスパムと闘っているかのように見えるGoogleですが、

結局はそういったプラットフォームを作ったのはGoogle自身であり、

その対応をとらなければ利用者に悪影響を及ぼすのであれば、

原因はGoogleにもあり、Googleが責任をもって対応しなければならないというのが筋。

 

本来、広告と言うのは、

売り手が「買ってください!」と言って宣伝することです。

 

買い手は、宣伝された商品が欲しければ買うだろうし、

いらなければ買いません。

 

それでも悪質な詐欺案件や、ルールを守らないスパムが絶えないのは

消費者側のリテラシーを強化していくことも重要な課題と言えます。

 

Googleもスパムに対抗していくだけではなく、

消費者のリテラシー強化のためにももうひと働きして欲しいものです。

 

 

 


マーケティング・経営ランキング

にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村

 

 

オンラインサロン広告戦略会議室入会希望はこちら→https://line.me/R/ti/p/%40wsm7132u

ネット広告やネットビジネス(情報販売・オンライン通販など)に関する質問・相談・雑談など

いつでも気軽に聞ける環境です。

今なら期間限定で入会費無料ですので、是非参加お願いします。

https://line.me/R/ti/p/%40wsm7132u

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です