今だからこそメールマーケティングが重要視される訳

インターネット上でサービスを受ける場合、

ほとんどがメールアドレスや電話番号、

氏名、住所などを登録することが多いと思います。

最近ではそういった面倒くさいことより、

LINE@のほうが人気があったんですが、

最近になって

やはり、メールマーケティングと

LINE@によるマーケティングは別物だと認識されており、

メールマーケティングの重要性が再認識されました。

メールを読んでくれる人は濃いファン

LINE@だと通知をオフにしていたり、

長文だと読まれづらいといったこともあって、

既読スルー率も高く、反応率も下がる傾向にあります。

 

ところが、メルマガ会員の場合は、

メールを開封しない人も多くいますが、

メールを開封して読んでくれるお客様は

信頼されている濃いファンが多いのです。

 

LINE@は一般大衆向け、

メルマガはファン向け、と

内容を分けた方がいいということです。

 

さらに付け加えると、

メルマガの場合は継続して教育していくことが出来ます。

LINEの場合毎日のようにくると

鬱陶しいと感じてしまいます。

 

ですので、LINE@はクーポンの発行や、キャンペーンの告知、

メルマガは濃いファンに向けての教育(教育とわからないように)

というのが実は正しいリストの取り方なのです。

 

そうすると、自社リストの中でも、

見込み客のレベルに合わせたセールスレターを

書くことが出来ます。

 

LINE@で自社に興味を持ってもらい、

もっと濃い情報を求める人は

メルマガに誘導し、

メルマガ会員にはお得な情報や、

メルマガ会員限定サービスなどを

提供することで、

ファンが増えていき、

新商品やキャンペーンなどを打ち出す際は

LINE@向けと、メルマガ会員向けで

内容の違うアプローチをすることで

成約率アップにつながるということです。

 

それぞれの役割と機能がわかれば、

どっちをやったほうがいいというのはわかりますよね?

 

どっちもやった方がいいんです。

 


マーケティング・経営ランキング

にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です