無知ほど怖いものは無い。

この年になって経営の勉強やマーケティングの勉強、

会計や収支計算について学べば学ぶほど

今までいかに

自分が無知だったか

痛感させられます。

勉強すればするほど

勉強しなければならないことが増えていきます。

この中でもキャッシュフローについては

最も重要なことなのでお話したいと思います。

資産と負債をきちんと理解しているか

「金持ち父さん、貧乏父さん」の受け売りですが、

お金に困る人はまず

お金の流れを理解していないことが問題です。

働き盛りのサラリーマンの多くは、

家族を持ち、住宅ローンや家賃をはらい、

マイカーローンを組んで

毎月の支払いに追われながら

地道に貯金したり、

たまに贅沢をしたり、

収入に対する支出が、消費しかありません。

本に出てくる金持ち父さんは、

資金を資産化することを最優先にします。

ここでいうところの“資産”というのは、

お金を生み出すもののことです。

株、不動産、著作権など、他にも、

自分が居なくても運営できるビジネスを持つことも挙げられています。

会社のオーナーということです。

金持ち父さんの考え方は、

欲しいものがあったとき、

「欲しいものを得るためにどうやってお金を生み出すか」です。

欲しいものを得るためにお金を生み出すために投資するということです。

カードやローンで購入すると言うことは負債を抱えるということになります。

負債を増やし、負債を減らすために働くのか

資産を増やし、資産をさらに増やすために投資するのか

という価値観の違いがあります。

 

資産を増やすことより、負債を選ぶ理由は、

欲求という感情と、恐怖という感情があります。

負債を選ぶ人は、投資に対して恐怖があり、

恐怖をさけるために、働くのです。

 

つまり、働かされている。

 

ということです。

ローンで購入した家や車は、

新品ではなくなった時点で4分の3ほどの価値になってしまい、

さらに、金利までついてきます。

銀行を儲からせるために働いているようなものです。

 

一方、資産の場合は

お金を生み出すために、資産が働きます。

 

会社のために働くというのは、

会社を儲からせるためであり、

あなたのためではありません。

あなたはお金のために働きます。

お金のために働くのではなく、

お金を働かせるために頭を使うのが正しい稼ぎ方なのです。

 

資産と負債の違いを理解するには、

あなたは「お金のために働く」という価値観を変えなければなりません。

あなたは、資産を増やすために働くのであって

あなたが働かなくても資産がお金を生み出してくれる

仕組みを作ることが、働く意味になるのです。

 

「資産」という考え方が重要です。

 

ブログだって、YouTubeだって、立派な資産です。

目先の収入にとらわれていては資産は蓄積できません。

 

それをわかって毎日更新を続ける人だけが

将来の資産を蓄積できて、

自由な生活を手にすることができるのです。

 

あなたも負債と消費を減らして

資産を増やしたいと思いませんか?

 

それには、まず知識を得ることです。

 

お金を生み出す仕組みを作り出す方法や、

税金を安く収める方法などを

身に付けたいと思いませんか?

 

下記の動画では、

成功者のマインドについて解説されています。

凄くわかりやすくていい内容なので是非ご覧ください。

 

下記の動画はキャッシュフローとは直接関係はありませんが、

リンク先より、無料お試しに登録すると

無料で公開されている動画のすべてを見ることが出来ます。

 

有料登録ではもっと有益な情報が手に入りますが、

まずは無料お試し登録して、

無料で公開されている動画だけでも見てください。

 

私は一通り視聴しましたが、

センスのいい人なら

無料動画だけでも

大成功するきっかけになると思います。

 

無料登録はこちらからお願いします。→https://jisedai.me/alpcr/?a10=F4Oc5


マーケティング・経営ランキング

にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です