物販の外注化について考え始めたら読んでみてください

今まで、マーケティングやコピーライティングのテクニックについて様々なテクニックなどをお伝えしてきましたが、元々私は物販がメインです。物販の自動化(外注化)が可能になったことによって、毎日ブログを書いたりマーケティングやコピーライティングについて学ぶ時間が増えたのです。物販やっても上手く行かなかった人やこれから物販を始めようと思っている方に、ちょっとしたプレゼントがあります。最後まで読んでね。

物販の自動化がイメージできない方へ

物販をやっている人ならイメージが湧きやすいと思うんですが、物販をプロセスに分けると、「仕入れ」「販売」「梱包・発送」が最も単純化した形になります。「仕入れ」は店舗で仕入れたり、ネット上で仕入れたりしますが、これを自動化するとなると、人を雇うパターンと、そもそも仕入れをしないパターンに分かれると思います。そもそも仕入れをしないパターンと言うのが無在庫転売と呼ばれるものです。転売と言うとマイナスイメージが強いため、ドロップシッピングと言った方が印象がいいです。ドロップシッピングの場合、在庫を抱える必要がないため、顧客直送可能な業者の商品を取り扱うことで、「商品登録作業」と「発送の手配」だけで済みます。つまり、商品登録作業さえ外注化してしまえば、あなたがやることは売れた商品の発送先を仕入れ業者に連絡し、「発送の手配」をするだけになります。これが半自動化です。人を雇ったり、外注化して「発送の手配」まで自動化できれば、完全に自動化ですが、外注も人を雇うのもコストになり、利益率を下げることにもなるので自分が使える時間と利益率からどれくらいの自動化が出来るのかを考えなければなりません。

 

物販の半自動化を可能にするには

物販の半自動化を私は実際やっているわけですが、半自動化を可能にするには「商品登録作業」を外注化するだけです。そこでネックになってくるのが「マニュアル化」です。この「マニュアル」さえ作ってしまえば、使いまわしで外注を量産できるわけです。わかりますか?知り合いでも、クラウドワークスやランサーズなどで募集をかけて、マニュアルを渡すだけで、外注さんが出品してくれて、出品した商品が売れたらあなたが発送手続きをします。発送は仕入れ業者がやってくれます。あなたは購入者とのやりとりと発送手続きをするだけで、売上があがるのです。その売り上げから、仕入れ業者に払う代金と、外注に支払う代金を差し引いた額があなたの取り分になります。例を挙げてみましょう。

(例1)

商品登録作業外注費 1件50円

商品登録数 100件

商品の平均販売価格3000円→販売価格から仕入れ代金(送料込み)を引いた粗利を800円とする。

100件の商品登録作業で5%の商品が売れたとします。

この場合、

商品登録作業にかかった費用は5000円、売り上げは15000円、粗利が4000円になるため、粗利から商品登録作業にかかる費用を引くとマイナスになってしまいます。

 

(例2)

商品登録作業外注費 1件30円

商品登録数 100件

商品の平均販売価格と粗利は(例1)と同じ条件で販売数も同じ条件の場合、粗利の4000円から、商品登録作業にかかる費用を引くと1000円の利益が出ます。

 

(例3)これが理想?

商品登録作業外注費 1件10円

粗利500円

この場合、同じ数が売れたら粗利は2500円になりますが、商品登録作業外注費は1000円なので1500円の利益になります。

(例4)これが最強!

商品登録作業 1件10円

粗利3000円

この場合、同じ数が売れた時の粗利が15000円、商品登録作業外注費も1000円なので14000円の利益になります。

だいたい以上のパターンになりますが想像できますか?

売る商品の額が大きければ粗利も大きくすることが出来ます。例えば仕入れ価格1000円のアパレルを3000円で売るのは1000円の商品に3000円の価値があるように見せる努力が必要です。これが10万の価値があると認知されているものを7万で仕入れることが出来たら、簡単に3万円の粗利がでます。

 

まとめ

まとめると、粗利が高いものをドロップシッピングで、商品登録を外注化することで、物販を半自動化して稼ぐことができるということです。販売数を5%にしましたが、ここをもっと上げられるように、商品説明分は自分で考えて作り込んだものを外注さんにコピペしてもらったりすることで成約率があがります。するとこの5%の部分が10%になるだけで、(例4)のパターンだと粗利が30000円になり、利益が29000円になるのです。外注先を増やして商品登録作業が出来る人を増やしていくとどうなりますか?10人いれば?29万が手元に入ってきます。例えば粗利3000円を生み出す商品の売り上げが1万円だとしたら、売り上げは100万です。月商100万、利益率29%、物販の半自動化のイメージが出来ましたか?ホームページの上の方に「物販の外注化に困ったらみるところ」を追加しました。そちらより、私が実際に外注するときに使っていた外注化マニュアルのPDFをダウンロードできるようにしておきました。誰でもダウンロードできる状態なので、一通り目を通して、自分のアカウント情報を入力すればそのまま使えると思います。このマニュアルはNETSEA仕入れ、メルカリ販売の時に使っていたやつですが、外注さんがある程度出品できるようになれば、仕入れ元や販売先を変えても対応できると思います。(現に私は仕入れ先も販売先も変えました。)このPDFを見ると、NETSEA×メルカリの無在庫転売ノウハウが同時に手に入ってしまうことは内緒です・・・。

※このブログに一言だけでもいいのでコメントや感想を頂けた方のみダウンロードを許可します

※コメントしなくてもダウンロードできますが、どうしてもコメントしないでダウンロードしたい場合はランキングバナーのクリックのご協力をお願いします。

※ちなみに1000円で販売中です。が、このブログを読んでくださっているあなたは無料です。

 

3件のコメント


  1. 初めまして、最近外注化を考えていてこのページにたどり着きました。思ってはいても中々イメージがつかめずにいましたが、少し読んだだけで『なるほど!』と、少し分かりました。しかも外注マニュアルPDFも頂けるなんて感謝しかありません。

    よろしくお願い致します。

    返信

  2. 先程コメントした者ですが、PDFダウンロードはどちらから行えば宜しいでしょうか?

    返信

    1. コメントありがとうございます。
      現在、PDFは一般公開しておりませんのでダウンロードの際は、LINE@よりご連絡をお願い致します。
      https://line.me/R/ti/p/%40wsm7132u

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です