コピーライティングを最短最速で習得するたった1つの方法

これまで、コピーライティングに関する様々なテクニックをご紹介してきました。しかし、どんなに知識が身に付いていても実行しなければ意味がありません。どんなテクニックも意外と知らず知らずのうちに使っていたりします。テクニックは後から付け足したり、修正をかけるときに使えばいいです。まずは書くことが大事です。

写経こそ最短ルート

もし、あなたが10000文字のセールスレターを書きたのなら、その10倍写経してください。それがコピーライティングを習得するための最短ルートです。どういうことかといいますと、あなたが読んでみて、実際購入したくなるLPやセールスレターは、長年コピーライティング業界で活躍してきた“プロ”が書いていることが多く、“プロ”は身に付けたテクニックのうち反応がいいものばかりを厳選して使っているため、プロの書き方をマネしているだけでだんだん文章のパターンが分かってきます。セールスレターやプロダクトローンチ、メルマガなど、購入を進めてくるような文章で、あなたが実際に購入したくなったものに絞り込んで文章を書き写してみましょう。ただ読むだけでは、文章の本質の1割も頭に入っていません。書くことで3割入ってきます。繰り返すことでそれが7割8割と理解できるようになってきます。

 

意外と簡単

最初からタイピングが出来る人はスムーズにできると思いますが、タイピングが遅いと苦痛に感じてしまいます。できれば書くよりは早いくらいになって欲しいところです。画面を見ずにタイピングできるようになれば十分ですね。頭の中で考えた文章を文字に起こすときに、早く打てた方が楽しいですし、毎日練習していれば意外と簡単に身に付きます。タイピングソフトはフリーソフトで色んな種類がありますからゲーム感覚で身に付けましょう。

 

まとめ

ひたすら人の文章を書き写すだけだと無意味です。ちゃんと、文章構成を分析しながら書き写さないと意味がありません。そのためには、ある程度の基礎知識が必要だと思います。でも、それはあとからでも大丈夫です。まずは文章が書けるようになることが一番の近道です。文章が書けるようになるには、大量の文章に触れて、大量の情報をインプットしてください。そのための写経です。それができれば文章は意外とスラスラと書けるようになるものですよ。色んな人のメルマガなどに捨てアドで登録して、書き写すことから始めてみましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です