圧倒的集客力が欲しいならこれは押さえておくべきポイント

あなたがもし、集客したいのなら、このポイントは押さえておくべきだ!というポイントがあります。見込み客やターゲットは、何を基準にあなたが提供している商品やサービスを選ぶと思いますか?

あなたを選ぶ材料を揃えておく

あなたの売りはなんですか?と聞かれて即答できますか?あなたがもし、ブルーオーシャンの市場で市場を独占しているのなら黙っていてもお客さんは来るかもしれません。あなたしかいないのですから。では競合他社が参入してきたらどう対処しますか?しかも競合他社はあなたしか競合がいないのですから、あなたが提供していないサービスを提供し、見込み客を根こそぎ奪い取る勢いです。あなたがやるべきことは何だと思いますか?正解は、あなたの商品やサービスについて具体的に説明することです。そしてそれが、他にはないものであり、劣っていてはいけません。競合と比べて優れている部分を前面に出し、具体的に説明することを怠っては、見込み客は競合に流れて行ってしまうことは目に見えています。

 

見込み客の欲求を満たすイメージ

見込み客が何を求めているかは正確にはわかりませんが、あなたが提供できる何かは、見込み客に正確に伝えることができます。それが具体的で好印象なイメージ与えるモノであれば、見込み客はあなたの商品やサービスを選びます。具体的なイメージを想像させるには、幅広い表現力と形容詞の使い方がポイントです。多くの人が体験したことがあると思われるようなことに置き換えて表現してみたり、「きらきら」「ふわふわ」などの擬態語を活用することで、見込み客の頭の中に好印象で具体的な映像をイメージさせることを意識してやってみましょう。

 

品揃えをアピールする

品揃えが良ければいい。というわけではありません。品揃えがいいということをアピールしなければ品揃えがいいとは思われないのです。これは心理学でいうところのヒューリスティックスの効果もあり、具体的な数字を提示された方が見込み客は、品ぞろえがいいと感じてしまうのです。例えば、スマホケースの専門店AとBがあるとしましょう。AとBはどちらも出来たばかりで、あなたのうちから同じくらいの距離にあるとします。Aの広告にはこう書かれています。「多種多様なスマホケースを大量に取り揃えています!お気に入りのスマホケースが見つかるかも!?」Bの広告にはこう書かれています。「iPhone5シリーズからiPhoneXに対応したスマートフォンケースを300種類取り揃え、Xperiaやgalaxyに対応したスマートフォンケースもそれぞれ200種類から選ぶことができます!すべての機種に対応できるように在庫を取り揃えております。万が一お使いの機種に対応した商品がなければお取り寄せさせていただきます。」この二つのうちあなたならどちらを選ぶでしょうか?実際品揃えがいいのはAの方だったとしても、多くの人はBを選ぶでしょう。もしあなたが提供する商品やサービスの同業他社が具体的に品揃えをアピールしていないなら、あなたのほうが品揃えがいいと思わせることだってできるんです!

 

まとめ

要するに、見込み客は自分の欲求を満たしてくれるものを探しいて、あなたが見込み客の欲求を満たすことができる理由を伝えていなければ見込み客のレーダーには引っかからないのです。見込み客が探している商品が、「A4サイズのファイルが入る、大きめのトートバッグ」だとしたら、「大きいサイズのトートバッグ」と言うより、「A4サイズも楽々入る大きめのトートバッグ」と言った方が具体的で、A4サイズのファイルが入る大きめのトートバッグを探している人にとっては、具体的に自分の欲求を満たしてくれる方を選ぶのです。実はあなたが提供している商品やサービスも、今具体的な説明をしていないのなら、具体的で好印象が持てるイメージを表現するだけで集客量が増えるのはあたりまえのことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です