あなたが読んでみたくなるタイトルとは?

インターネット上では様々な情報が飛び交い、情報過多と言われています。そんな中私たちは知らず知らずのうちに、タイトルやヘッドラインを読んだだけで自分にとって必要な情報であるかどうかを判断する能力が身に付いていることにお気づきでしょうか?

あなたが読んでみたくなるタイトルは?

多くの人はタイトルや初めの数行しか読みません。読み手に取って必要な情報でなければ読み進めることはありません。つまり、タイトルやヘッドラインで続きを読ませる工夫をしなければならないことを考えれば、タイトルやヘッドラインが最も重要だと言うことが分かります。あなたはヘッドラインで対象の見込み客を引きつけることが出来ていますか?

 

見込み客に刺さるヘッドライン

不特定多数の大勢に対してのヘッドラインは抽象的になりやすく、目を引くタイトルは難易度があがります。しかし、購入を検討中の商品に対して見込み客にアプローチする場合は、具体的な内容をヘッドラインに取り入れることで見込み客の目に留まる可能性があがります。例えば、ゴルフをしない人に対して「300ヤードの飛距離を実現するドライバー」と言っても、なんの変哲もないキャッチコピーと感じてしまいますが、300ヤードを目標にしていて、あと少しで達成できそうな人にとっては魅力的なキャッチコピーに見えます。このように、あなたが提供している商品やサービスのターゲットを明確にし、ターゲットの求めているものをリサーチし、ターゲットの目に留まる具体的なメリットをヘッドラインにすると効果的です。

 

ヘッドラインは短い方がいい

ひと目で処理できる数字の数は一般的な人で5~9個という研究結果があります。言葉の場合では5~6語しか意味を理解できないと言われています。スポーツ新聞の一面の見出しを思い浮かべてください。大きく一言、インパクトのある言葉が選ばれていることが多いと思いませんか?人々の目に留まり、瞬時に理解することができるタイトルは、続きを読みたくなります。短いヘッドラインには読むスピードをあげる効果もあります。

 

まとめ

第一前提として、ヘッドラインには最大のメリットを入れることを忘れてはいけません。それを踏まえたうえで、短いヘッドラインの方が効果的だと言うことです。3~5語程度が望ましく、多くの人に続きを読んでもらえる可能性がアップします。最近のインターネット上でのニュースや記事のタイトルを見ていると長いタイトルもよく見かけますが、ターゲットにとって反応が良い言葉を選んで、流行性を取り入れた結果長くなっても反応がとれているのではないかと思います。長いタイトルになると続きを読んでもらう難易度が増しますので初心者にはお勧めできませんが、実力がついてきたと思ったら試してみるのもいいかもしれませんよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です