すでに成し遂げた人のことを学べば成功への近道が切り開ける

エジソンと言えばだれもが知っている歴史上の偉人ですが、エジソンは電球一個の為に3000の理論を試し何千という材料を使ったと言われています。あなたが電球を開発しようとしたときに同じことができるでしょうか?多くの人が音をあげてしまいそうですが、エジソンと同じことをしなくてもエジソンがどういう経緯で何千もの材料を使い、炭化した竹でできたフィラメントが1200時間以上も光を生み出すことに成功できたのかを調べた方が早いと思いませんか?

どの業界にいてもパイオニアは存在する

あなたが今やっていることが世界で初めてあなただけが開発した商品やサービスであれば話は別ですが、世の中の多くの業界には先駆者が存在します。先駆者が成功した経緯を知ることで、大切なテクニックを身に付けることが出来るのです。マーケティングや広告業界にもエジソンのような人物が存在し、社会心理学者や研究者が莫大な時間を費やしてテストしてきた結果と言うのは、効果が実証されています。今からマーケティングについて研究を始めるのも悪くはありませんが、あなたがもし、結果を出すことを急いでいるならば、効果が実証されたテクニックを知った方が早いと思いませんか?これからご紹介するテクニックの一つ一つが、多くの心理学者や研究者が莫大な時間と労力をかけてきた結果、効果が実証されたものです。

 

チンパンジーにもわかるように書くこと。簡単に。素直に。

上記の言葉を残したのは、広告業界で成功を収めた、ユージン・シュワルツという人物です。彼が残したメッセージは極端ですが、インパクトがあり、人々の目を惹く強烈なメッセージです。事実、セールスレターなどの文章は小学校5年生が理解できるくらいの文章の難しさであるべきという研究結果があります。文章は、その読みやすさを数値化することが出来ます。数値化する際に基準となるものが文字数、音節、センテンス、1語当たりの平均音節数、1センテンスの平均単語数となっています。最も読みやすい文章を作るには、1文中に11単語程度が望ましいとされており、100語につき最低14回は人間について言及しなければならないという統計があります。見込み客の学歴に関係なく、短い単語と短いセンテンスは誰にでも読みやすいのです。

 

短いセンテンスと限定的な書き方

「誰かが何かをした」では何も伝わりませんよね?「ひろしくんがチョコレートを食べた。」と言われれば伝わります。これが限定的な書き方です。限定的なメッセージになればなるほど、読み手はその文章を簡単に理解できるということです。そして短いセンテンスにはあるトリックが隠されています。例えば、下記の文章。

 

佐藤さんへ

楽して稼げる方法を知りたいですか?

私も知りたいです。

一日一回スマホをタップするだけで稼げる方法を知りたくありませんか?

私はそれを知っています。

実は・・・

 

上記の文章は、まず1つ質問する(又は1つの意見を述べる)形から始まっています。次に2~3語で質問に答えます。または意見を述べます。という流れになっています。この短いパタグラフを読むことによって、読み手の目が動いていくだけではなく、読むペースが速まり、あなたのセールスレターが魅力的に感じるというトリックが隠されていたのです。しかしこのテクニックを多用してしまうと機械的な文章に見えてしまうため、長いパタグラフの中に4~5回程度で抑えておいたほうがいい。

 

「あなた」と「私」がもたらす効果

文章中に「あなた」と「私」という言葉を惜しみなく使ってください。そうすることによって、人々の目に留まりやすいだけでなく、文章に人間的なぬくもりが生まれ、不特定多数の人に向けたメッセージが、個人を相手にしたコミュニケーションになるのです。あなたはブログを書くときに「あなた」という単語を多用していますか?このように投げかけることで、人間的なぬくもりが生まれると親しみが湧いてくると思いませんか?

 

まとめ

ブログやセールスレターを書くときに、「文章が書けない」と言う人は、少し勘違いをしています。ブログやセールスレターは、点数をつけられて人生を左右するような結果が待っているわけではありません。大学入試の論文でもなければ芥川賞を目指しているわけでもありません。優れた文章を書く必要は無いのです。コピーライティングを教える人が文章力が高いかと言われたらそんなことはないのです。コピーライティングは、過去に成功してきた人が編み出したテクニックを再現するだけで誰でも書けるのです。今回お話した内容だけでも十分文章は書けます。「短いセンテンス。短いパタグラフ。限定的な書き方。あなたを多用する。」これが基本であり、セールスレターやLPを作る際に最も気を付けなければならないことです。大多数の人が読む文章に大学院生並みの文章は求められていません。小学生にもわかるような文章が多くの人にとって読みやすく、人間的なぬくもりを感じるのです。広告の目的は最終的には行動させることですよね?多くの人に行動してもらいたいのなら多くの人にとって読みやすい文章を書くことはあたりまえのことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です