消費者を説得する方法

私やあなたが商品やサービスを提供している場合、どうすれば消費者が納得して購入してくれるでしょうか?消費者が納得する方法についてお話します。

見込み客を納得させる方法

あなたが何か商品やサービスを購入する際に、その商品やサービスの価格が価格相応のものだと納得して購入していませんか?価格だけ見て高いと感じたとしても、納得する理由があればその商品やサービスを購入していると思います。この商品やサービスがこの金額である理由に対して納得すれば購入するとしたら、金額を提示されたときに「なんでこの金額なのか?」と考えていると言うことです。その「なんで?」を解決してあげることで見込み客は納得してくれるということになります。

 

証拠がなければ信用は得られない

あなたが商品やサービスを提供するにあたって、メリットばかりを伝えていても見込み客は信用できません。では、どうすれば信用されるのでしょうか?信用するために必要なものは証拠です。証拠とは、あなたの商品やサービスのメリットについて、事実に基づいた数字や、研究結果などをグラフや表などを用いて示したもののことです。あなたの商品やサービスに価格相応の価値があるか判断するのは、その商品やサービスを購入するお客様自身です。そのお客様が価格相応の価値があると判断するために必要な材料が証拠であり、証拠がなければ信用する材料が無いと言うことになります。

 

証拠の効果

証拠にはかなりの効果があるという研究結果があります。証拠を全く示さない商品やサービスに比べ、証拠を示した方がはるかに効率的に消費者を納得させることが出来ると言うことです。特に高額商品の場合は、見込み客がその出費を正当化できる理由を求めています。その理由を裏付ける証拠を提供することで見込み客は自信をもって、自分の出費は正当なものだと判断することが出来るのです。証拠には説得力があるだけでなく、「本物」の商品やサービスを提供している会社だという印象を与えることもできます。

 

 

まとめ

多彩な表やグラフ、事実、数字、信頼できる専門家のコメントなどを使って証拠を提供している広告には、説得力があり、見込み客に信用されるために必要なものを備えています。それは会社の印象をよくするためにも効果を発揮し、高額商品を提供する場合においても、重視すべき内容だということです。あなたが提供している広告にもし、メリット以外の事実や具体的な数字を示した証拠が無いのであれば、証拠を付け加えることで成約率があがるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です