あなたの広告を見てもらうには7回宣伝しなければならない。

タイトルのような言葉を聞いたことがありますか?実は7回という回数に重要な理由があるわけではありません。要するに繰り返すことが重要だというお話です。

無関心の壁を破る

どんなに興味がない商品の宣伝であっても、TVCMのように同じCMを何度も見ているとさすがに、どこの会社のどんな商品のCMかどうかくらいはわかってきます。繰り返すことによってこれまで気づいていなかった人たちや無関心だった人もその製品に興味を持ち始め、親近感さえ抱くようになります。とはいえ、同じCMを繰り返すと視聴者は飽きてきます。同じ製品のCMでも違うパターンのCMってよくみかけますよね?例えばソフトバンクのCMだったり、auのCMなどはストーリー性があって、製品やサービスに興味が無くてもCMには興味が湧いてきます。このように同じ宣伝でも少し違った形で宣伝すると見ている側からすれば、「新しいCM」だと認識します。紹介している商品やサービスが同じでも「新しいCM」だと思わせることで、視聴者を退屈させない工夫をしているのです。

 

3回以上宣伝してはいけない

実はある研究の結果、3回以上同じ宣伝を見ると飽きてしまうという結果が出ています。しかし、3回以上宣伝してはいないということではありません。同じ内容の効果を出し続けて効果が出ているならそれは変えるべきではありません。先ほどの例のように同じ広告でも、同じメッセージを別の形で伝えることで相手は同じ宣伝だと認識しないので、新しい宣伝だと思ってみてくれるということです。

 

まとめ

繰り返し宣伝することが、無関心の壁を破り、興味を持ってもらい、あなたのファンになってもらうことの第一歩になるかもしれないということがご理解いただけたでしょうか?あなたがもし、同じ宣伝を繰り返しているとしたら、伝えたいメッセージはそのまま、宣伝の内容をかえることで視聴者からファンになってもらえる可能性は高くなります。同じ製品の同じ内容の宣伝を繰り返していると、視聴者も飽きてしまします。そのあたりをよく理解し、違う内容で同じメッセージを繰り返してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です