日本人のビジネスに対するスピードが遅いのは○○のせい?

海外では毎日のように、生活の一部に最新のテクノロジーが採用されるといった内容のニュースが飛び交っており、世界的に見て新しい技術の開発は次々と起こっているにもかかわらず、日本ではあまりそういった内容のニュースが取り上げられることすら少なく感じます。何が原因でそうなってしまったのか考えてみたいと思います。

日本は平和すぎる

戦後、意図的にサラリーマンを大量生産した日本は、日本人に対して「命令通り働く人間」を作る教育をほどこしてきました。それが義務教育の延長線上であり、「指示待ち人間」を大量に生み出した根本的原因だと私は思っています。集団心理の恐ろしいところで、「誰もが同じことをしているから間違いない」「みんなと同じことをしていたい」といった心理も働きかけ、異論を唱える人間は大勢で非難し、自分たちが正しいということを証明したがり、優位に立ちたいと思ってしまいます。みんなと同じ組織に所属して、みんなと同じ行動をとりたいと思っている反面、その中で優位な立場になりたいという意識も芽生えてきます。そこで争いが起こる場合もありますが、組織の中で生活している以上、争うような真似はしないのが日本人らしいところでもあります。“個”が突出するべきではないといった感情が心のどこかにあるのかもしれません。

 

テレビの見すぎ?

テレビは情報の伝達手段として最大の力を発揮したと言えます。テレビで放送されたことは真実だと誰もが信じています。テレビコマーシャルでは多くの企業が多額の宣伝費を投資し、その効果は絶大だったかもしれませんが、それもここ最近は落ち込みつつあります。インターネットの普及により、テレビを見なくなった人が増えてきたからです。情報収集だけならスマートフォンだけでも十分です。見たいドラマも、ネットで配信されているものをスマートフォンで閲覧可能です。ドラマやニュースは話題と流行を作り出し、世の中の風潮すら変えていく力を持っています。テレビだけが情報収集源である年代は、テレビで放送されていることが絶対であり、他人の意見に耳を貸そうとしません。その視聴者が今のテレビを支えていると言っていいでしょう。テレビに洗脳された人の割合が減ってきたことでテレビ業界の経営が悪化してきているのは言うまでもありませんが、そもそも、無理があったということです。テレビで国民を洗脳し続けるということが。

 

年代の問題

結局、世の中が大きく変わらないのは今まで日本を成長させてきた大企業の重鎮たちや、国を動かしているような政治家の方々がそういった洗脳のような教育を受けてきた年代であり、若い人の成長を妨げている可能性があるということです。年を取れば安定を好みますし、今ある地位を失いたくないでしょうから、今の考え方を変えて地位を明け渡すということができないのが現状でしょう。だから日本は新しいことに対して動きが鈍いのです。かといってすべてが悪いわけではありません。若い年代だけでも、ベンチャー企業で成長を遂げている企業はたくさんあります。そういったベンチャー企業が老舗の大手企業よりも成長しているパターンもたくさん出てきました。インターネットの普及、スマートフォンの普及により、人々の生活が劇的に変化したのですから、商品やサービスを提供する側も変わらなくては、社会の変化に対応できるはずがありません。テレビに支配され、洗脳された時代は終わったと言っていいでしょう。多くの人は、自分で調べ、正しい情報を選択するようになりました。つまり、間違っていることは間違っていると、みんなが言い出したのです。大勢の意見=正解ではなく、本当に正しい答えにたどり着けるようになったため、若い年代はテレビに洗脳された年代の考えが古臭く感じたりします。しかし、会社や社会的地位のある人のほとんどはその古臭い考えで、聞く耳を持ちません。これが、スピード感が出ない一番の理由だと私は思います。

 

マスコミの問題

メディアにも原因があります。視聴率を上げるために、本来の目的を見失っているのではないかと思います。視聴者が求めている情報だと思いこんで配信している情報は、本当に視聴者が求めている情報なら視聴率は下がりません。要するに立場の強い人からの意見が尊重される傾向にあるために、本当に焦点を合わせるべき視聴者層の求める情報を提供できないのが現状ではないでしょうか?そういった事情で放送された内容のニュースは、保守的でつまらないニュースが多く、人を明るい気持ちにさせるニュースより、人を暗くさせるようなニュースばかり取り上げようとします。事件を伝えることは大事なことですが、世の中暗いニュースばかりではないはずです。もっとテクノロジーの進化についてのニュースを配信していれば、国民のテクノロジーに対する興味も増え、テレビ世代の認識を変えていくことになると思います。是非、マスコミ関係は、新しく、夢と希望に満ち溢れたような新しいテクノロジーの情報をもっと配信していってほしいと思います。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です