毎日仕事が憂鬱でたまらない人へ

今までマインドについてお話したことがなかったので今回は、マインドについて筆者が思っていることをお伝えしたいと思います。

マインドとは

簡単に言えば“考え方”ですが、そこには「信念」や「価値観」のようなものも含まれます。自己啓発の本などを読んだことがある人は分かるかもしれません。あなたの現状は、今までのあなたの考え方や価値観に基づいて判断してきた結果であり、現状を変えたいと思っているなら、考え方や価値観を変える必要があるということです。これをマインドセットと言ったりしますが、若いうちはあまりこういった哲学的な考え方ができないことが多いと思います。私も若いころ、何故か新入社員研修で自己啓発セミナーに参加させられて、「なんだこの宗教みたいなのは」とか「こんなの意味があるんだろうか」などと思っていました。今となっては、何故新入社員の時に自己啓発セミナーに参加させられたのか、その理由はなんとなく理解していますが、その話はまた今度。

 

マインドセットの重要性

今までの価値観や考え方を変えて、理想のマインドをセットするというのは簡単なことではありません。“類が友を呼ぶ”と言いますが、今のあなたの人間関係というのは、今のあなたのマインドによってできたものです。つまり、マインドを変えるということは、人間関係が変わると思ってください。逆から攻めるのもありです。自分が理想としているマインドの持ち主の言動や行動をマネしたり、自分よりはるかに人間性が長けていると思う人と付き合うようにすることで、自然とその人の考え方が身に付いてきます。何かを成し遂げた人や、苦労して成功した人の言葉には重みがあり、説得力があります。そういった人との付き合いを増やしていくことで、マインドセットしていくこともできます。そうすることによって、あなた自身が発する言葉や、周りへの気遣い、価値観が変化していき、寄ってくる人も変わってきます。人間的魅力が増していくのです。会社員でも、経営者でも、人間的魅力がある人は必ずと言っていいほど多くの人が手を差し伸べてくれるようになります。そうすることによって、仕事や人間関係というものは円滑になっていくのです。

 

フロー状態を意図的に作り出すマインドセット

フロー状態と言うのは、時間を忘れて何かに没頭しているときのことを指します。ゲームに集中していたり、読書に集中していたり、時間があっという間に経っていたという経験はありませんか?楽しい時ほど早く過ぎ、辛いことほど長く感じますよね。これが意図的に操作できるようになったらどうでしょう?いつでもフロー状態になることができれば、嫌な仕事も集中してあっという間に終わらせることができるうえに、時間的余裕が生まれ、作業の効率化になります。この、フロー状態のいいところは、あまり疲れを感じないというところです。疲れを感じる原因は、その行為にストレスを抱いているからです。では、そのストレスの原因となるものを追求していけば疲れを感じなくなるのではないでしょうか?例えば、あなたは今から庭の草むしりをしなければならないとしましょう。ただ単に草むしりしなければならないのであれば、ストレスしかありません。しかし、草むしりをしたら10万円もらえるとしたらどうでしょうか?「草むしりだけで10万円もらえるの!?」あなたは草むしりに苦痛を感じるでしょうか?こういった精神的状況を自分で作り上げていくことで、フロー状態を操作できるようになります。草むしりで10万はちょっと極端な例でしたが、草むしりすることによって、足腰が鍛えられて健康的になれるだとか、草むしりをすることによって喜ぶ誰かの顔を想像するだとか、普段はできないような考え事をするだとか、ストレスに勝るプラスの要素があればフロー状態になれるのです。

 

憂鬱でなければ、仕事じゃない

というタイトルの本がありましたが、(読んだことないので読んでおきます。)あなたは仕事が憂鬱ですか?憂鬱でなければ仕事じゃないという意見もありますが、考え方は人それぞれです。憂鬱になる対価として報酬を頂いていると思って仕事をするのか、人のために役に立つ対価として仕事をするのかではそれぞれモチベーションが変わってくると思います。前者は、「人が面倒くさいと思うことは仕事になる」という思考が前提としてあるから出てくる考え方だと思います。後者は「多くの人に支持されることは仕事になる」という思考が前提にあるため、人の役に立ちたいという思いで仕事に取り組みます。どちらが正しいとかではありません。あなたにとって、モチベーションをあげるのはどちらですか?と、言いたいのです。私は後者の方がモチベーションがあがります。誰かのために何かをしてあげる対価として報酬が得られるほうが、なんとなく気分がいいです。そんな私が、憂鬱の対価として報酬を得ていると考えて仕事をするとなると、なんだか落ち込んでしまいます。考え方ひとつで人はモチベーションが大きく左右され、作業効率にも、影響を与えるだけでなく、精神的にも肉体的にも影響を及ぼしかねません。

 

まとめ

今回はマインドセットについてお話しましたが、要するに現状に不満があるなら考え方や価値観を変えてみてはどうですか?ということです。あなたが今やっている仕事が憂鬱でたまらないのなら、その原因はなんなのか分析してみましょう。忙しすぎるのなら、あなたが出来る仕事量のキャパシティーを超えているか、要領が悪いかのどちらかです。原因が人間関係なら、その人とうまくやっていくためにはどうしたらいいのか考えてみましょう。嫌いな人ほど嫌なところにしか目がいきませんが、いい面もきっとあるはず。わざと嫌われ役を買って出ているのかもしれないですし、実は本当にダメな人なのかもしれません。しかし、ちゃんと向き合って考えなければ結論は出ず、現状は変えられません、現状を変えるのはあなた自身の判断です。あなた自身の考え方が変わればあなたの人生が変わってきます。一歩踏み出す勇気がないなら、自己啓発本など読んでみるといいですよ。考え方を変えるのは簡単ではありませんが、今の現状に不満があるなら、現状を作り出しているのはあなた自身の考え方であり、現状を変えるのはあなただけだということだけはよく理解してほしいところです。

 

お勧めの自己啓発本→達成する人の法則

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です