ドロップシッピングで副業をはじめようと思っているなら罠に注意

副業解禁になり、インターネットで何かを売って収入にしたいとか、アフィリエイトで稼ぎたいとか思っている人が増えてきたと思いますが、今回はドロップシッピングについてお話します。

ドロップシッピング=無在庫転売

無在庫転売と聞くと怪しげでマイナスイメージがありますが、在庫を持たずに画像や商品情報を利用して売る手法は、ドロップシッピングと全く変わりません。しかし、無在庫転売ブームではドロップシッピングを許可されていないサイトでの転売や、画像使用許可なく使用するなど、問題が多数ありました。ドロップシッピングは卸業者が直接顧客に発送してくれる便利なサービスなので、物販を始めるには初期費用もいらず、参入障壁の低い、初心者向けのインターネットビジネスだと言えます。

 

ドロップシッピングを許可されているネットショップ

楽天、カラーミーショップなどは在庫を持っているいないに関わらず出店することができます。ただし、ショップを開くには月額固定費がかかるので、個人的にはいきなりショップ開設と言うのはお勧めできません。まずは、フリマアプリやヤフオクなどで流れをつかむことが先決だと思います。ただし、フリマアプリやヤフオクは基本的にはドロップシッピングNGですので、家にある不用品などを出品するようにして、発送方法や梱包方法などを身に付けることからはじめましょう。各配送業者の配送料金の値上げに伴い、配送業者ごとに格差が出て来ています。商品サイズや重さによって、配送料金が少なく済むようにしておけば利益率の改善につながります。自分が良く使いそうなサイズの配送料金を調べておきましょう。調べるのが面倒な人は、軽くてかさばるものは定形外郵便が安いということだけ覚えておきましょう。らくらくメルカリ便などのフリマアプリ連動型の配送料金は通常の配送料金にくらべ、かなりお得なのでうまく利用するといいです。

 

在庫を持つなら中国輸入がおすすめ

中国輸入と聞くと、不良品などのイメージが強いかもしれませんが、中国ECで有名なのが、アリババ、タオバオ、天猫、アリエクスプレスです。タオバオはBtoCですがアリババはBtoB、アリエクスプレスはBtoCです。タオバオは輸入代行業者を仲介することで、言葉の壁を難なくクリアしてくれます。欲しい商品の商品ページのURLと色やサイズ、数を入力するだけで簡単に購入することが可能です。ここで気を付けたいのが国際送料と関税の問題です。革製品などは関税が高いため、商品代金が安いからと言って甘く見ていてはいけません。そして、国際送料については、体積量と重さのどちらか高い方の運賃が採用されるため、大きくて軽いモノや小さくても重たいものは注意が必要です。小さくて軽いものを大量に仕入れる際には中国輸入は絶大な効果を発揮します。例えばタオバオでスマホケースを100個仕入れようと思ったら、国際送料+商品代金+代行手数料がかかります。一個当たり500円だとしたら、50000+国際送料(アジア5㎏以内なら6000円くらい)+代行手数料8パーセント(4000円)=60000円となるので、一個当たりの仕入れ費用は600円となります。これを国内で1つ2000円で売れば全部売れたと仮定して、200000-60000で、140000、一個売れるごとに送料が140円(定形外でスマホケース一個ならこのくらい)140000-14000=126000円が利益となる計算です。スマホケースなどは新しい機種が続々と出てくるので、一度に1000個単位で仕入れると完売する前に新しい機種がでて在庫が残るリスクがあるため在庫がなくなり次第完売とするか、こまめに在庫補充した方がいいでしょう。アパレル系も同様でTシャツやインナーなどの軽くて一度に大量に仕入れできるものは一個当たりにかかってくる国際送料などが安くなるためおすすめです。もっと詳しく知りたい方はコンサルティング承っておりますのでお問い合わせください。

 

在庫を大量に持ちたくないけど中国輸入やってみたいなら

アリエクスプレスは一個から仕入れ可能でしかも送料無料の商品もあります。タオバオやアリババに比べると多少商品価格は高く感じますが、送料無料を考えると少量仕入れなら断然アリエクスプレスがおすすめです。しかし、購入時に気を付けなければならないのは、購入するショップの評価です。レビューが多く、評価の高いショップを選ぶと国内のECサイトで購入するのと変わりないです。ただし、お届けまでの日にちがかかることが難点なので、気長に待ちましょう。早くて一週間、遅くて3週間といったところです。

 

海外ECサイトを使いだしたらこれは必須

海外ECサイトと言えば中国以外にもebayというものがあります。ebayは全世界で利用されているオークションサイトです。探し物が見つからないときはebayで探してみるのもいいかもしれません。そんな、海外ECサイトを渡り歩くのに必須なのがPaypalの口座です。電子メールアドレスだけで開設できて、相手がPaypalでの支払いを指定してくる際利用できます。というか、海外ECサイトのほとんどがPaypalを利用しています。Paypalがないと不便なくらいです。これはもはや必須です。Paypalには銀行口座から入金して使う方法もありますし、入金していなくてもクレジットカードを登録しておけばクレジットカード決済できるので個人間のやりとりでもクレジットカード決済を利用できる画期的なシステムです。

 

まとめ

物販に手を出すと、特定のジャンルに絞ってデータ収集していかないとキリがありません。そのくらい、世界には商品が満ち溢れていてそこには価格差が存在します。国内で手に入るものを海外で販売したり、海外から入手したものを国内で販売するなど、輸入販売は可能性に満ち溢れていますが、まずは、ドロップシッピング形式で仕入れ資金を溜めていくことをお勧めします。ドロップシッピング形式での販売方法になれて、資金を作れるようであれば在庫を持ってもやっていけるかもしれませんが、ドロップシッピングで販売する力をつけることができなければ、在庫を持つスタイルは必ず失敗すると言っても過言ではありません。ショップをもって、マーケティングをするということがどれだけの労力を使うことかわかるとほとんどの人がすぐやめてしましますが、データを分析してノウハウを蓄積していくことで確実に成果を挙げることができる分野でもあります。几帳面な人ほど向いていると思います。手持ちの資金を1年で倍にしたいなら輸入転売が一番手堅いと思いますが、要はどれだけ正しいやり方でどれだけやったかです。間違ったやり方でやり続けていても確実に失敗します。これから物販をはじめたいと思っているなら、ご相談に乗ります。いつでもご連絡ください。

 

LINE@→https://line.me/R/ti/p/%40wsm7132u

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です