インターネットビジネスと呼ばれるビジネスが信用できない理由

皆さんはインターネットビジネスと聞いてどういった印象を受けるでしょうか?多くの人が未だに、インターネットを使って収入を得るということに対して理解度が低いと思いますが、その原因について考えたいと思います。

ネットワークビジネスとの違い

インターネットビジネスとネットワークビジネスはどちらも“ネットビジネス”と呼ばれることがあります。では、インターネットビジネスとネットワークビジネスとは何が違うのでしょうか?これといって定義が定められているわけではありませんが、インターネットビジネスというのは、インターネットを使ったビジネスのことですから、アフィリエイトやネット販売などが代表的です。しかしネットワークビジネスと言うのは多くの場合、MLMというマーケティング手法が用いられており、ネットに限らず直接営業をかける場合もあります。MLMというのはマルチレベルマーケティングの略で、消費者が販売に参加できるシステムのことです。店舗を持たずに口コミや紹介で販売するスタイルのため、アフィリエイトに似ているところもあります。MLMで商品を販売したい企業が口コミで販売してくれる販売員を増やしていく構図からネットワークを広げていくようなイメージに近いためネットワークビジネスと呼ばれることもあります。

 

ネットワークビジネスとインターネットビジネスの大きな違い

抽象的で分かりずらい表現をさせてもらうと、“自分の収入のためなのか、ユーザーのためなのか”という違いだと思います。インターネットビジネスの稼ぎ方として代表的なのが、Googleです。Googleは、人々の役に立つツールを提供し圧倒的ユーザー数を獲得したため、広告媒体となって、多くの企業がGoogleに広告費を払って、Googleのユーザーに対して広告を打ち出しています。利用者の立場になって考え、世界中の人たちの為に役立つサービスを提供することで、急成長を遂げました。これが、インターネットビジネスです。最近だとアメーバブログやアメーバTVなどで有名なサイバーエージェントも、無料で利用できるサービスの提供で利用者を増やし、広告収入を得ています。Googleの成功例から、ユーザー数を確保できれば、マネタイズはいくらでもできるということを完璧に再現しています。FacebookやTwitter、YouTubeなども同様です。ネットワークビジネスはどうか?というと、販売する立場の人が企業に属しているわけではなく、完全に紹介報酬目当てで紹介するため、その紹介方法は人によってさまざまで中には強制的に商品を購入するように仕向けたり、しつこく勧誘したりする人も出てきます。販売する立場の人数を増やすことで販売数は増えますが、教育されていない人が販売に携わることでイメージダウンに繋がりかねません。ネットビジネスと聞いて怪しいと思うのはそこに原因があると思います。

 

稼げる方法は全部ネットワークビジネス

100%とは言い切れませんが、ほぼ間違いなく、“稼げる”、“誰でも簡単に”、“スマホで片手間”などと謳っているような広告やDMなどは全部ネットワークビジネスだと言っていいでしょう。メールアドレスの登録やLINE@への登録を誘導し、報酬を得ているのです。これは、登録してもらう人に対して、ちゃんと説明していて納得して登録させているのかどうかが問題ですが、誰でも簡単に稼げるなんて言っている時点で誇大広告ですから、信用してはいけません。しかもこういった手法は何年も前からあるので、今の時代にひっかかると結構恥ずかしいです。おいしい話ほど自分の都合のいいように解釈して自分を納得させてしまいがちですが、絶対に稼げる方法なんて言い方をしている時点で、頭が悪そうなので関わらないことをお勧めします。

 

まとめ

ネットビジネス=怪しいと思ってしまうのは、全部ネットワークビジネスのせいだ!みたいな言い方をしてしまいましたが、ネットワークビジネスの手法自体は素晴らしいシステムです。それを悪用してしまう人が多いため、悪い印象になってしまったのです。インターネットビジネスにおいても、アフィリエイトや無在庫転売など、やってみたけどそれほど稼げなかったという人がほとんどで、ネガティブな発言が多いため否定的な意見に賛同する風潮が見受けられますが、初心者がいきなり一日1~2時間程度の作業で簡単に月に何十万も稼げるわけがありません。上手く行っている人はそれなりに努力と工夫をしています。そんな社会的な風潮も、そろそろ立場が逆転してくる時代がやってきます。ミレニアル世代という、「生まれた時からインターネット環境が存在した世代」が、インターネットビジネスでどんどん起業し、成長しています。働き盛りの世代を20代~50代とするならば、30代前半くらいまでは、インターネットビジネスに対して肯定的な意見を持つ人が増えてきました。5年後、10年後がどうなっているかはわかりませんが、スマートフォンの普及によりインターネットビジネスに対して免疫がついてきた人が圧倒的に増加していることは間違いありません。そんなとき、なんの知識もなければ、ネットワークビジネスのカモにされるのは目に見えています。インターネットビジネスやネットビジネスについて今まで全く関わらなかった人も、常識程度の知識を身に付けておくことで、自分の身を守ることができるかもしれませんよ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です