経営学、マーケティング、コピーライティング、行動心理学はすべて繋がっている!?

タイトル通りなんですが、入口がコピーライティングでも行動心理学でも結局はマーケティングや経営に繋がっているというお話です。

経営学×マーケティング×コピーライティング

まず、経営学について語るには私では力不足の部分もありますが、経営について考えるときもっとも重要な考え方は、計画を実行する能力があるかどうかです。この計画に対して実行するときに必要になってくるのがマーケティングスキルであり、マーケティングスキルをうまく使いこなすためには行動心理学や統計学の知識がある程度必要で、さらにそれを文章に落とし込むともなればコピーライティングスキルが必要だということです。

直接営業する場合はコピーライティングスキルは必要ないかもしれませんが、プレゼン資料などを作成したり、事業計画書を作成する際にもコピーライティングすきるはその効果を発揮してくれますので、身に付けていて損はありません。

直接営業ではなく、オウンドメディアでのマーケティングオートメーション化に取り組むならコピーライティングスキルは必須だと言えます。

コピーライティングといっても、商品名などの短いキャッチコピーと、セールスレターなどの長いセールスコピーなどがありますが、ここでは広義的な意味でコピーライティングということにしておきます。

コンテンツマーケティングに取り組む際は、オウンドメディアでのコンテンツの提供が必要になりますが、その中でも、単に情報を発信するだけではなく、メルマガ会員に登録を促したり、資料請求を促すことで、メールアドレスを収集し、見込み客としてリストアップしていくことが重要となってきます。

その際、行動心理学を活用することで、訪問者数に対しての誘導率を上げていくことが出来ます。

コピーライティングだけでは訪問者数は増えませんが、訪問者数だけを増やしても成約率はあがりません。どちらに対しても対策が必要で、それを計画的に検証、実行することがマーケティングです。

何を目指してそのマーケティングを行うか、という指標を打ち出すのが経営です。

経営者目線で行動していれば、目的に対してまっすぐ進んでいくことが出来ます。

しかし、経営者の意図がわからないままマーケティングを行うと、経営者が思っていた方向とは違う方向に進んでいくことがあるかもしれません。

つまり、経営者の考えが、マーケターにとっての目指すべきところであり、マーケターが伝えたいことを表現しながら、結果を出すのがコピーライターであり、結果を出すために必要な知識が、行動心理学や、統計学といった知識と言うことです。

すべてを一人でやろうとするととてつもなく大変です。

経営者の考えを理解したマーケターを、経営者は必要としています。マーケターは、実行力のあるコピーライターを必要としています。すべての歯車がうまく回ることで企業は大きな成長を遂げることができるのかもしれません。

 

CFO(最高財務責任者)とは

今の話の中に付け加えた置きたいのがCFOの存在です。

経営者の考えを理解しながら、財務面で経営を支える最高責任者の存在は、欠かすことのできない存在です。どんなに、社長のアイディアがよくても、人柄がよくても、お金に関してはさっぱり、という状況では事業が上手く行くはずがありません。かといって財務面に問題が生じると、事業の内容についても考えなければならず、財務面でも頭を悩ませてしまっては悪循環です。そこに頼れる財務責任者がいてくれることで、社長は事業を続けられるのです。

 

CIO (Chief Information Officer)最高情報責任者

デジタルマーケティングにおいて最高のポジションと言えるのがこのCIOですが、最近では俳優の山田孝之さんが、就任したことで世間的に話題となりました。海外では、デジタルマーケティングの責任者としてCIOを据えるのが常識化してきていますが日本ではまだまだ、CIOという立場は浸透しておらず、“宣伝部長”レベルでしかマーケティングを考えていない企業が多く存在しているという事実は、個人的に落胆しています。これだから日本のマーケティングは遅れていると言われるのです。ちょっと愚痴入っちゃいました。

 

まとめ

CEO、CFO、CIOが揃っている企業は多くはありませんが、その重要性を理解している企業もちゃんとあります。そういった企業は世界で戦うことを前提にしていることが多く、世界で戦えるほどの力がなければ国内でも上手く行くはずがないということをよく理解しています。いまあなたがどのような立場にいるかわかりませんが、経営者の立場になって考えてみると、普段の仕事の意味や重要性がわかり、やる気が出るかもしれませんよ!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です