無駄な広告費を減らして効率的で効果的な広告を打ち出すには

現代の生活の中には様々な広告があふれています。TVCM、新聞、雑誌、などなど様々な媒体があふれかえっている中、一体何を選択するのが一番正しいと言えるのでしょうか?

極論、全部やってみる

広告宣伝費にかけられる費用に余裕があるなら、すべての媒体に同じ広告費をかけて、問い合わせ件数や成約率を検証するのが一番です。しかし、TVCMなどはそれなりのお値段ですのでなかなかハードルが高いかと思います。そこで、あまり費用がかからないところで試してみるのもいいかと思います。実際広告を打ち出して効果を検証するというプロセスは一度は経験しておいてもいいかもしれません。

 

測定不可能な宣伝効果

新聞や雑誌、看板などは、実際に人目に留まった時に購入に繋がらなくても、「この広告どっかでみたな」と思わせることが出来れば、他の広告からの流入につながる可能性もあるので、実際の費用対効果が測定できない部分もあります。インターネット上の広告は費用対効果の測定が容易に行えるため、利用者が増えています。

 

ネットビジネス系は紙媒体に弱い

これまで、フリーペーパー、スポーツ紙、週刊誌などに広告を出してみましたが、効果はゼロに近いと言っていいほどでした。Facebook広告や、Googleの検索連動型広告の方が圧倒的に効果が高いことが分かりました。

 

最新のマーケティング手法

最近のマーケティング手法としてよく用いられているパターンが書籍の販売方法です。私の好きな本「革命のファンファーレ」「人生の勝算」「お金2.0」などで用いられている手法としては、無料で公開する、ネットでの宣伝、直接販売、書店での販売をうまく活用しています。プロダクトローンチのように発売日前に少しづつ無料で公開するやり方は、絶大な効果を発揮しています。さらに、オンラインサロンなどの会員に宣伝したり、逆に書籍からオンラインサロンへの入会を促したり、また、TwitterやFacebookなどでファンとの交流を深めることで、ファンが一気に拡散してくれます。その宣伝効果は計り知れません。そこに広告費はかかっていませんし、広告を打ち出しているわけではないのです。これが最新のマーケティング手法です。コンテンツマーケティングの手法をうまく取り入れた形になりますが、ファンを作ることを一番に考え、マネタイズのタイミングをずらすという方法です。

 

ファンを作るには

自分の考えに共感してくれるファンを集めたいならまず、発信しなければ始まりません。普段思っていることや、これだけは譲れない信念やこだわり、趣味、犬派、猫派などなんでもいいので自分の情報をさらけださなければ中々人は集まりません。共感してもらえるポイントを増やせば増やすほど人は集まりますが、人を集めるためだけに身に付けたような知識はすぐメッキがはがれてしまいます。本当に自分が好きなことや好きなものに対して共感してくれる人だけを集めて、その人たちが求めている情報を発信したり、有益な情報を無償で与え続けることが、圧倒的支持を得るポイントです。見返りを求めず、自分のために何かをしてくれる人にはおのずと人がついてきます。戦略的にそれをするのではなく、自然とできるようになると、人として素晴らしいですし魅力的だと思います。

 

まとめ

まとめると、「無駄な広告費を減らして効率的な広告を打ち出すには、広告費という概念を捨てる」ということになります。広告費に使っていた費用を、消費者のため、顧客のため、ファンのために使うことで、SNSでの拡散や、口コミでの拡散に繋がり、結果的には費用対効果の高い宣伝になるのです。これこそ、SNSでの拡散力が、社会的に強い影響力を持つ現代だからこそなりたつ、最新のマーケティング手法です。書籍の場合は、「書籍を出せるほどの人物」といった印象を与えることもできるので、このマーケティング手法と相性がいいという面もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です