ECって何?Amazonと楽天は何が違うの?

IT業界の人にとっては知っていて当たり前の言葉でも一般消費者にとっては知らない言葉というものは多数存在します。この間、ECサイト運営してますという話をしたらECってなんですか?と言われてしまい、一般消費者との認識のズレを痛感させられました。

ECとは

electronic commerce(エレクトロニックコマース=電子商取引)の略で、簡単に言うとネット通販のサイトのことです。インターネット上で取引が完了し、注文した商品は自宅に届くのでその利便性からEC市場は、毎年その市場規模を拡大させています。今後まだまだ伸びていくと予測されています。

 

Amazonと楽天の違い

Amazonというのは、「マーケットプレイス」なのですが、マーケットプレイスとは、インターネット上に存在する物の売り手と買い手が自由に参加できる取引市場。という定義ですが、Amazonのシステムを簡単に説明すると、商品ページに出品者が出品する形式です。ですので、自分が欲しいものを探していてその商品をAmazonで見つけた場合は、多くの出品者が存在します。Amazon自体が出品しているものも多くありますが、Amazonが出品していない商品を出品している企業も多く存在します。そうすることによって、Amazonは自社でカバーできない商品を企業に出品してもらい、幅広いジャンルの商品を取り扱うことで、検索ワードにヒットしやすくなるという戦略を見事に成功させています。どの商品をさがしてもAmazonが上位表示されるのはそのためです。

楽天との違いは、楽天は出店形式であるということです。つまり、イオンモールの中にショップが入り込んでいるように、楽天のショッピングモールの中に多数の企業が出店しているということです。Amazonとは違ったスタイルですが、楽天もSEO対策の戦略としてはAmazonと同じような戦略をとっています。

どちらを利用するにせよ、消費者の立場からみて気を付けなければならないのは、Amazonで買った、楽天で買った、という認識をしていては危険だということです。有名企業も出店していますが、Amazon、楽天には、法人格を持たない個人も多く出品、出店しています。消費者がAmazonで購入したつもりでも、実際はAmazonという場所で、個人から購入している可能性もあるのです。楽天も同じことが言えます。ですので、購入前にその商品を売っているのはどこの誰なのか?評価は?評判は?といった内容をチェックすることで安心してECを利用することが出来ます。

 

まとめ

今回はAmazonと楽天を具体例として比較しましたが、一押しはヤフーショッピングモールです。ヤフーショッピングモール×ソフトバンクユーザーはTポイントの還元率が高く、Tポイント連携のクレジットカードの利用でさらにポイント○○倍といったような特典が多いため、かなりお得です。実際ソフトバンクのショッピングモール事業は赤字を出してまでポイントを消費者に還元しています。ショップとしての使い勝手はまだまだな部分もありますが、賢くお得にお買い物をするなら、ヤフーショッピングモールで商品を探してみてはいかかでしょうか?ちなみにヤフーショッピングモールも、楽天と同じショッピングモールですので、出店者の評価をチェックしてから購入しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です