PC作業を外注化する際にマニュアルを動画で作成する利点

クラウドワークスなどのアウトソーシングに作業を外注する際、ネックになってくるのが「作業の説明」「やり方の説明」です。実際作業をしているところを見てもらって、この通りやって欲しいのだけれど言葉にして文章で説明するのは面倒と思うことは無いでしょうか?

そんなときおススメなのが、動画でのマニュアル作成です。私が実際に利用しているものをご紹介します。

10分までなら無料のBandicam

Bandicam

https://www.bandicam.jp/

上記URLはbandicamの取り扱い説明動画がありますので、是非ご覧くださいませ。

これさえあれば簡単な作業は録画することが出来ます。マイクをつないで音声も録音することができるので、作業の説明をしながら画面上の操作を録画することが出来ます。

 

話すのが苦手な方のために

テキストーク

http://choppli.123net.jp/textalk/

リンク先からダウンロード可能です。

テキストを読み上げてくれるツールです。話すのが苦手な方は自動音声読み上げツールとBandicamを同時に使うことでクオリティの高いマニュアル動画を作成することが出来ます。

 

まとめ

以前PDF形式で外注化マニュアルを作成した際は、スクリーンショットを撮って、画像を加工して画像にテキストを挿入したり、注意書きを追加したり、大変手間のかかる作業でした。PDF形式で50ページ近い内容でしたが、説明を文章化して読み上げると10分もかからないのです。50ページのマニュアルを読むより、10分の動画を見た方が、圧倒的に効率的です。

マニュアルだけではなく、何か操作の説明や、PCで見ている画面を共有したいときは是非活用してみてはいかがでしょうか★

 

今回のブログの内容を、テキストークを使って読み上げている様子をBandicamで録画した動画を添えておきますので参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です