デジタルマーケティングに取り入れるべきマーケティング手法

デジタルマーケティングという言葉が世に出てから、その内容はどんどん細分化されてきました。今回はデジタルマーケティングを導入する際に、取り入れるべきマーケティング手法についてお話します。

 

メールマーケティング

言わずと知れた、メールマーケティングについては説明不要かもしれませんが、デジタルマーケティングにおいてここは外せないところです。メールは一切見ないというユーザーもいるかもしれませんが、こういったところからのファンは根強い人気に繋がりやすい傾向にあります。少数派を無視せず是非取り組みましょう。

 

SNSマーケティング

Twitter、Facebook、Instagram、YouTubeなどを活用したマーケティング手法ですが、メールマガジン同様に定期的な配信を続ける大変さはありますが、ツールで自動化できる部分もあるので、ツールを活用して作業の効率化を図ることでレバレッジを効かせることができるという利点があります。

 

コンテンツマーケティング

オウンドメディアを持ってコンテンツを充実させ、ユーザーの満足度を上げることでファンを増やしていく手法ですが、これはユーザー目線で、ユーザーにとって価値のある情報を提供しなければならないため、配信者自身のスキルアップのためにも非常に役に立つと同時に、コンテンツは資産として残るため、資産を蓄積していくことができるというメリットがあります。逆にデメリットは手間がかかるという点と、充実させるべき内容をうまくコンテンツ化できる人材がいるかどうかという点です。

これは多くの企業に言えることですが、ある分野に特化した人材のスキルをコンテンツで提供したくても、その人材がコンテンツを作成するスキルを持っていない、若しくはコンテンツを作成するスキルを身に付けさせるために現場から外してしまうと業務に支障をきたすなどという問題が挙げられます。

プライベートな時間を割いてまで無理強いするわけにもいかないわけですから、クラウドワークスなどのアウトソーシングが重宝されるのかもしれません。

 

インフルエンサーマーケティング

各SNSで有名なインフルエンサーと組んで商品を紹介してもらう手法ですが、Facebook、Twitterではインフルエンサーと呼ばれる存在は発生しづらく、YouTubeやInstagramなど、動画配信サービスが付随したサービスでインフルエンサーが生まれやすい状況です。ステルスマーケティングと言われている手法に近いものがありますが、マーケティングを仕掛ける側からしてみればインフルエンサーマーケティング、それを見る一般消費者からしてみればステルスマーケティングと受け取れるという解釈ではないでしょうか。

インフルエンサーマーケティングを活用するにはそれなりの動画再生数や人気がある人物とコンタクトを取らなければなりませんが、最近ではユーチューバーが事務所に所属して、事務所側との話が必要になりそうです。売りたい商品やサービスに関係する動画を配信しているインフルエンサーと組むことができればそれなりの効果が期待できそうですが、費用もそれなりにかかりそうです。

 

まとめ

メールマーケティング、SNSマーケティング、コンテンツマーケティングについては、広告宣伝費をかけるのではなく、時間と労力をかける地道な作業です。稀にメディアで取り上げられて一気にフォロワーやYouTubeのチャンネル登録数や再生数などが増えることがありますが、基本的には定期的に地道な積み重ねをしているからそういったことも起こり得るということです。ブログの更新にしろ、コンテンツマーケティングにしろ、毎日の積み重ねに勝るものはありませんから、地道な努力から目をそらさず取り組んでみてはいかがでしょうか。大事なのは、目的達成のツールとしてさまざまなマーケティング手法を活用することであり、目的が反れては意味がありません。すべてのメディアを繋げることで相乗効果を得ることが重要なのです。SNSからオウンドメディアに誘導する、YouTubeからFacebookに誘導するなど、各メディアにすべてのメディアをリンクさせることでそれぞれのマーケティング手法が活かされてきます。単体で行うのではなく全体的に施策を打ち出していくことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です