今から始めるWEBマーケティングではじめにやるべきこと

WEBマーケティングとデジタルマーケティング

 

WEBマーケティングを始める前に認識しておきたいのが、デジタルマーケティングとWEBマーケティングの違いです。デジタルマーケティングとは、WEBマーケティングを含めた、広義です。EメールやLINE@、SNSやアプリケーションなども含みます。WEBマーケティングとは企業のHPを主とした考え方で、企業のHPのコンテンツや機能をどうするか、HPへのアクセスをアップさせるにはどうするかなどといった考え方となります。今から企業の宣伝をIT化するのであれば、デジタルマーケティングを導入し、マーケティングをオートメーション化することが目的であることをまず理解しましょう。

PDCAのサイクルで継続的に改善

 

1.現状分析・把握

 

3C(自社・競合・顧客)の観点から、現状を分析することから始めましょう。

・自社 現状のWEBサイトのアクセス状況やリード獲得率、サイト滞在時間はどうか?

・競合 他社の動向をチェックし、ヒントを得る。

・顧客 既存客がいる場合は、データを分析し、ニーズを明確にする。

 

2.改善案を検討する

 

現状分析結果を基に、改善案をだしてみましょう。

 

3.改善案を基に計画を立てる

 

改善案を基に計画を立てていきます。

・ペルソナを設定し、顧客のニーズを明確化しましょう。

・KGI(重要目標達成指標)を設定しましょう。

・KPI(重要業績評価指標)を設定しましょう。

 

4.計画を実行しましょう

 

計画を実行し、結果を数値化して、1の作業に戻ります。

これを繰り返すことでPDCAのサイクルを回し、改善し続けることができます。

お気づきでしょうが、上記で述べた順は、PDCAの順にはなっていません。

CAPDの順になっています。

はじめはこの方が目標を設定しやすいのでこの順番にしています。

CAPDCAPDCAPDCAと、繰り返すことで自然とPDCAのサイクルに乗ることができます。

 

抽象的なところから具体的な計画を考えていきましょう

 

経営理念から経営計画、事業計画、マーケティングの順に考えることで軸がブレないマーケティングを行うことができます。最終目的がブレないように計画を立てましょう。そうすることで、「どのようなWEBサイトにするのか?」「どのようなコンテンツを掲載するのか?」「どのような集客をするのか?」などが見えてきます。

5W2Hの形式で計画を立ててみましょう。

(誰がwho,いつwhen,どこでwhere,何をwhat,なぜwhy,

どうやってhow,いくらでhowmauch)

 

下記にデジタルマーケティングの計画に導入するべき項目をご紹介します。

・WEBサイト運用

(SEO対策、検索連動型広告、ディスプレイ広告、アフィリエイト広告)

・SNS運用

(Twitter、Facebook、Instagram、アメブロ、LINE@など)

 

まとめ

どういうWEBサイトを作るかと考えてしまいがちですが、どう、事業に活用できるか?という観点から計画を立てていきましょう。PDCAのサイクルを回すのがうまい人はCAPDのサイクルが身に付いていることから、今回はCAPDについて解説しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です