感謝の気持ちをレターで払う?レターポットとは

レターポットとは

革命のファンファーレの著者であり、えんとつ町のプペルの作者であり、お笑い芸人であるキングコングの西野亮廣氏が新たにスタートさせたサービスです。

 

レターポット概要

 

レターポットの開発についてはオンラインサロンの参加者が協力し合って作成したサービスになります。

基本的なスタンスとしては、感謝の気持ちを1文字5円のレターと呼ばれる通貨で言葉にして贈るというシステムです。

 

通貨とは

 

そもそもお金とは?というところからはじまります。

通貨の成り立ちから考えた時に、紙幣の誕生した経緯から、紙幣にそれだけの価値があることを世間が認識することで紙幣が流通するようになったという事実を理解する必要があります。

もともとは金だったのが紙幣に変わったのは、重たい金より紙幣の方が利便性が高かったから世間に受け入れられたという点と、紙幣に金と同等の価値があることを世間が認識したという点が大きな要因だと言えます。

 

レターポットが生まれた理由

 

はじめは西野さんのファンから、西野さんに対して、

「商品券のようなものを贈れるサービス(アプリ)」を作りたいという提案があったことが事の発端のようです。

誕生日プレゼントや、差し入れなど、必要なものではないと理解していながらも受け取らざるを得ないことってありませんか?

「商品券のようなものを贈れるサービス」を作りたいと思った経緯としては、要らないものを要らないと言える世の中にしたいという理念からはじまっています。

人からの贈り物に重要なことは、「気持ち」ですよね。

送金アプリでお金を贈るだけだと「気持ち」が伝わらないですよね。

そこでレターポットのサービスである、感謝の言葉を贈るというスタイルにたどり着いたのです。

 

レターポットのシステム

 

レターポットは運営からレターを購入します。

一文字5円で購入できます。

感謝の気持ちを長文を贈るほど、贈られた方にはレターが溜まっていきます。

そのレターはまた感謝の気持ちを贈るために利用します。

ちなみに換金はできません。

 

換金できない理由

 

レターポットで作りたい世界とは

恩を贈る世界にすること。

基本的に既読スルーOKで返信しなくてOK。

現代のシステムというのは、商品やサービスの対価としてお金を支払うというシステムですが、レターポットのシステムは恩贈りであり対価を求めるものではないということから、現代の経済圏と全く違ったルールだということを理解する必要があります。

つまり基本的な概念が違うものを換金できるシステムにしてしまうと矛盾してしまうのです。

レターポットは気持ちを言葉にして贈るサービスです。

やってもらったことの対価として支払うものではありません。

ここに換金システムを追加してしまうと、

レターを求めてレターでお金を稼ごうとしてしまいます。

レターはレターで使うからこそこのレターの経済圏が活性化するのです。

 

まとめ

 

レターを溜めることで信用が溜まるという概念を理解できない方もいるかもしれませんが、レターポットは現代の経済圏とは全く違う価値観で運営されているということです。

 

つまり贈られる側は贈られることを求めず、

 

贈る側は送り返されることを求めず

 

ということを常に理解しておかなければなりません。

誕生日プレゼント、差し入れ、応援、支援、など

贈られる側が本当に必要としているものがわからないのならレターポットを利用してみてはいかかでしょうか?

贈り物の大半はレターという世の中がくるのはそう遠くないかもしれませんよ!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です